引っ越しの六曜の縁起は気にしないでOK?仏滅・赤口・友引・先負・先勝の引越にはメリットも

結婚式は大安や友引の日に挙行し仏滅を避けるなど、冠婚葬祭では六曜を気にかける方も多くいらっしゃいます。

引っ越しに関しても同様で、「大安に引っ越しした方がいい」「仏滅は引っ越しを避けるべき」といった考え方が根付きつつあります。

 

しかし「六曜って本当に気にした方がいいの?」「仏滅に引っ越ししたいんだけどやっぱり問題だろうか?」といった疑問をこの記事を訪れてくださったかもしれません。

この記事では、引っ越しの六曜を気にしなくて大丈夫かどうか、大安以外の引っ越しのメリットや不安についてまとめていきます。


引っ越しの料金見積もりはこちら

 

スポンサードリンク

引っ越しの六曜について

六曜とは、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種類の曜をいいます。

引っ越しは新しい生活を始めるということで、日取りも気になるものです。

大安がよくて、仏滅を避けるという考えもあるようですが、引っ越しと六曜の関係はどうなのかをまとめてみます。

 

大安

大安(たいあん)は、「大いに安し」の意味で、何事も進んで行うのに良い日とされています。

六曜の中では、最も縁起の良い日です。

終日、何事をするにも吉で成功しないことはないとされ、引っ越しにも人気のある日です。

しかし、大安の日数は限られているため、引っ越しの予約が混雑する可能性があります。

また、大安の日の引っ越し料金は割引が適用されなかったり、高めに設定したりしている業者さんもあるようなので、注意が必要です。

 

仏滅

仏滅(ぶつめつ)は、「仏も滅するような大凶日」として、お祝い事が避けられることもあります。

終日凶とする説と、午後は吉とする説があるようです。

仏滅は最も縁起の良くない日とされ、新しいことを始めることを避ける人もいます。

引っ越しに向かないと日と考えられてもいますが、大安の日に新居にお供え物を供えて置くこと普段使うお茶碗などを置いたりして、仏滅の日に引っ越しをすることもあります。

大安の日に前もってお供えをすることで、引っ越したことになるという考えです。

 

赤口

赤口(しゃっこう)は、午の刻(午前11時から午後1時ころまで)が吉で、後の時間は凶とされます。

赤は、火や血を連想し、「火の元や刃物に注意する日」とされているのです。

お祝い事では、仏滅より避けられる傾向もあります。

しかし、午前11時から午後1時までに引っ越しを済ませたり、前日までの縁起の良い日に小さな荷物を運び入れたりする方もいらっしゃいます。

また、六曜を気にせず赤口に引っ越しをする方もたくさんおられるようです。

 

友引

友引(ともびき)は、「冥土に友を引いていく」という理由で、葬儀は避けられる傾向がありますが、引っ越しでは大安の次に縁起の良い日として選ばれる傾向もあります。

友引は「勝負事は何事も引き分けになる日」で、平穏に終わる一日とされています。

引っ越しでは、「朝が吉、昼が凶、夕は大吉」という友引の時間帯によって、朝早くから作業を始め、昼は休憩して、夕方から作業を開始するパターンもあるようです。

また、午後から作業をすることで縁起を良くしたいという方もいます。

 

先負

先負(せんぶ)は、先んずれば即ち負けるの意味で、「何事も先んじて急いではいけない」とされる日です。

静かにゆっくり過ごすことが良い日とされる先負は、急用や勝負事には向かないとされ、引っ越しを避ける方もおられます。

しかし、「午前は凶、午後は吉」ということで、運気の上がる午後に引っ越し作業をすることもあるようです。

ただ、私たちの生活でよく聞く六曜ですが、科学的根拠はないため、先負に引っ越しをしても問題はありません。

 

先勝

先勝(せんしょう)は、先手必勝の言葉もあるように、何事も急ぐと吉とされる日です。

午前中に物事を済ませると幸運がくるとされる日のため、縁起をかついで午前中に引っ越しを済ませるように段取りをされる方もいます。

しかし、荷物が多く、午前中だけで終わらず、午後から凶になるという縁起を気にする場合は、午後は休んで翌日の友引に作業をするケースもあります。

また、六曜では午前を正午までとするのではなく、午後2時くらいまでとする時間の考え方もあります。

 

引っ越しの六曜は気にしないで大丈夫?

六曜は、中国で誕生したとされ、日本には鎌倉時代ごろに伝わったようです。

仏滅という言葉から仏教に関係があるように考えられがちですが、当て字を使ったということで、仏教とは関係がありません。

また、縁起をかついで六曜を気にかける方がおられる一方で、六曜を全く知らない方もおられます。

最近では六曜の記載のないカレンダーも増えており、引っ越しでの六曜を気にするかどうかは、個人の価値観や周囲の考え方の影響が大きいようです。

 

大安以外に引っ越しするメリットもある

縁起の良い日とされる大安は、人生の転機となる引っ越しの日取りとして人気の高い傾向もあります。

そのため、大安の日に引っ越しをしようとすると予約が取りにくく、割引をされないこともあります。

自分のスケジュールの関係で、引っ越しの日にちが限定される場合や、引っ越し費用を安く抑えたい場合は、大安以外を選ぶ方がメリットが高いことも考えられます。

どちらにしても、業者さんに相談したり、数社の見積もりをとったりして決めると良いでしょう。

 

それでも大安以外だと不安な場合は?

気にしなくて大丈夫といわれても、大安以外に引っ越しをすることが気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合は、縁起を良くするとされる方法をご紹介します。

まず、大安の日に一部の荷物を先に運んでおく方法です。

日本には神様に塩やお酒をお供えするという習慣が、古来からあります。

お供えの塩や酒を、箸やお茶碗など日常に使う荷と一緒に、あらかじめ新居に入れておくことで、縁起の良い大安に引っ越しをしたとします。

しかし、新居の鍵を前もって預かることが難しいかもしれません。

その時は、玄関に盛塩をすることで、邪気を払う方法もあります。

また、新居の近くの氏神様にお参りをしたり、お祓いやご祈祷を受けてお札を新居に貼ったりすることも気持ちを新たにすることにつながります。

 

スポンサードリンク

引っ越しの縁起についてまとめ

引っ越しと六曜の縁起について、ご紹介しました。

引っ越しは、お日柄が良い日がいいですが、大安にこだわりすぎると料金の高さや予約の取りづらさが障壁となってくるので、

「縁起など気にせず大安以外に引っ越しする」というのも1つの選択肢と言えるでしょう。


引っ越しの料金見積もりはこちら

 

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました