韓国旅行は大丈夫?危険と煽られているけどキャンセルしたほうがいいの?

韓国旅行は大丈夫?危険と煽られているけどキャンセルしたほうがいいの?

近いうちに韓国旅行に行く予定のある方!

日韓の問題がますます悪化している中で、「今、韓国に行っても大丈夫なのだろうか?」と心配している人も多いでしょう。

 

自分は行く気満々でも、家族や友人に反対され、行きにくくなっている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、現在(2019年時点)韓国旅行は危険だからキャンセルすべきなのか、それとも普通に行って大丈夫なのかということについて見ていきたいと思います。

 

あくまで個人の見解なので、最終的には皆さんが自己責任で判断してください。

 

スポンサードリンク

韓国旅行は危険だからキャンセルすべき?それとも大丈夫?

2019年夏から秋以降で韓国旅行の予約をしている人は、その旅行をキャンセルすべきなのか。

 

答えとしては、「キャンセルする必要ない。気にしすぎだし普通に行けば良い」というのが個人の見解です。

 

ネットなどで検索していると

「今は危険だからやめておいた方がいい」

「今日本人が韓国に行ったら何されるか分からない」

という意見が目立ちますが、果たしてそういった意見を述べている人は韓国の状況を本当によく理解しているのでしょうか?

 

そこで、まずは韓国旅行反対派の意見を見ていきます。

 

 

 

 

韓国旅行をやめた、あるいは猛反対している人たちのツイートをピックアップしてみましたが、

これらのツイートを見て気づくことがありませんか?

 

そう、この中の誰も韓国に実際に行っていない、ニュースなどの情報だけを鵜呑みにして韓国旅行を猛反対しているのです。

私は正直、現場を見た人の声しか信用できないタイプなので、こうした韓国旅行を反対するツイートを見てもあまりピンとこないんですよね。

 

そこで、実際に韓国に行って「危険な目にあった」という日本人がいないのか、調査してみました。

 

 

地下鉄のシールの話はニュースでも報道されていたので有名ですよね。

調査した限りでは「危険な目に遭った」という投稿は見つけられませんでしたが、

「日本人」という理由で嫌な思いをした人はいることはいるみたいです。

 

また、「危険な目に遭ったという投稿は見つけられなかった」と書きましたが、「日本人が韓国で集団で暴行された」というデマとも真実とも言われている情報が流れていたりもしましたね。

ただ、今のところはかなり信憑性が低い情報で、デマという説の方が強いと言われています。

 

逆に、無事に韓国旅行に行けた人のツイートをピックアップしていきます。

 

 

 

 

 

挙げていったらキリがありませんが、ほとんどの人が韓国旅行を何事もなく、楽しく帰ってきているようです。

むしろ前者の「嫌がらせを受けた」というツイートの方が探すのが大変でした。(笑)

 

以上から分かることは、

・今の韓国旅行はほとんどの確率で何事もなく、楽しく行って帰ってこれる

・運が悪くても嫌がらせをされる程度

・怪我をしたり命を落とすことはまずない

ということ。

 

怪我や命を落とす可能性も「全くのゼロ」とは言い切れませんが、それは日本にいたって同じことで、

「韓国に行ったから」とかそういう次元の話ではないような気がします。

 

嫌がらせを受けるのも同じで、日本にいても頭のおかしい人に絡まれたり因縁をつけられたりすることもあると思います。

 

つまり、韓国でももしかしたらやばい人に運悪く遭遇してしまうかもしれないけど、それは”その人個人のヤバさ”で遭って、

”韓国の人たちの国民性”によって日本人が傷つけられる、なんてことはないでしょう。

 

報道では反日デモの映像などネガティブな面ばかりが映し出されますが、それは韓国の人のごく一部で、
ほとんどの人は多くの日本人のように政治とそれ以外を切り離して考えている人が多いと考えられます。

 

以上が、韓国と日本の情勢を理由に韓国旅行をキャンセルする必要は全くないと考える理由です。

 

韓国旅行 外務省の見解は大丈夫?

生の声と同等に、外務省の発表している見解も参考になります。

 

外務省では大韓民国に関して、以下のように発表しています。

現在,危険情報や感染症危険情報は出ておりませんが,北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は,引き続き予断を許さない状況にあります。最新スポット情報,安全対策基礎データ,在韓国日本国大使館/総領事館のホームページや報道等から常に最新の情報を入手し,安全対策に心がけてください。

出典: www.anzen.mofa.go.jp

 

また、日韓関係には、領土問題や歴史認識問題等のセンシティブな側面があり、日韓間で何らかの問題が生じると、直ちに日本大使館・総領事館前で抗議集会が開かれ、その規模は数千人に及ぶこともあります。また、一部団体は、領土問題や慰安婦問題、徴用工問題等に関して、日本大使館前で継続的かつ定期的に集会やデモを行っています。
(3)韓国の一般的な治安水準は世界的にみて高い方にあり、比較的安定した状態にありますが、前述の情勢に加え、金銭目的の誘拐等も発生しており、十分な注意を要します。

出典: www.anzen.mofa.go.jp

 

ニュースで報道されている程度のことは注意喚起されてはいるものの、「渡航は控えましょう」と言ったほどの警告は全くされていません。

 

また、全土において「危険地区」と認定されている地域もないようです。

 

引用元:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_003.html#ad-image-0

 

例えばこれがシリアだと、

 

引用元:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_051.html#ad-image-0

 

こんな風に全土が真っ赤(退避勧告レベル)なんですよね。

 

つまり韓国旅行は、万が一デモなどが行われていたらそこに近づかないようにする必要はあるものの、

「渡航自体には全く心配いらない」ということが外務省の情報からも分かるでしょう。

 

韓国旅行に行く際に気をつけること

日韓関係を判断基準にする必要はありませんが、それとは関係なく「韓国旅行に行く際のデフォルトでの注意点」は押さえておく必要があります。

 

特に気をつけるべき点としては、

・スリ・強盗

・ぼったくり

・性犯罪

など。

 

まあ、どれもどこの国でもあることで、特にスリやぼったくりは外国人は被害に遭いやすいので注意したいですね。

少しでも怪しいタクシーや飲食店には入らない、所持品は常に肌身離さず持っておく、といったことを意識するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

2019年これから韓国旅行に行くのは危険だからキャンセルすべきなのか、それとも普通に大丈夫なのかということについてみていきました。

 

今後韓国旅行に行く人は、どこの国に行く際にでも持っておきたい最低限の危機管理能力を持って、

あとは全力で楽しむようにしましょう。

 

旅行カテゴリの最新記事