トリア脱毛器に危険性はある?やけどや肌荒れのリスクや安全に使うための注意点について解説

トリアはレーザー式の脱毛器で、その照射力は他の家庭用脱毛器と比べると圧倒的にハイパワーです。

しかしハイパワーなだけあって、トリアの脱毛器に危険性はないのか、気になりますよね?

この記事ではトリア脱毛器の安全性について解説していきます。

 

\\FDA認可&皮膚科医主導による安全性実証済み//

トリア公式サイトはこちら

 

スポンサードリンク

トリア脱毛器はどの程度の安全性基準をクリアしている?危険性はないの?

トリアはレーザー式の脱毛器です。

家庭用脱毛器は光フラッシュ式であることが多いですが、トリアは脱毛効果を高くするためレーザー式を取り入れています。

 

レーザーは一見危険性が高そうですが、トリアのレーザーはどんな方でも自宅で安全に使用できるように開発されています。

その安全性の基準としてトリアの脱毛器は日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAの認可を受けています。

 

このFDA認可とは日米両国間における商品を輸出販売する際に「医療機器の有効性、安全性を確保することにより、公衆衛生を保護する責任を負っている」ことを証明します。

このFDA認可の他にもトリアの脱毛器は皮膚科医主導のもと大規模な臨床研究を実施し、日常のホームケア用として安全かつ効果的か実証されています。

 

使用方法を正しく守ればトリアの安全性は非常に高いといえますが、誤った使い方をすると危険性があるので注意が必要です。

トリアを使用する前に必ず取り扱い説明書を読み、決して自己流で使用しないことが重要です。

 

\\FDA認可&皮膚科医主導による安全性実証済み//

トリア公式サイトはこちら

 

トリア脱毛器による火傷や肌荒れの事例

①火傷の事例

トリアで火傷をしてしまう事例として、「最初から照射レベルを強くしてしまったために火傷をしてしまう」ということがあります。

照射経験がない肌は大変デリケートなので、いきなり強いレベルで照射をしてしまうと火傷をしてしまうことがあります。

また気になる箇所にピンポイントで集中し何度も照射すると、水ぶくれやかさぶたになってしまい、火傷した状態になる危険があります。

 

このような火傷を引き起こさない為に最初に使用する場合は一番弱い照射レベルから肌にあてて、徐々に肌を慣れさせていく必要があります。

そしてピンポイントで同じ個所に何度も照射するのではなく、一回ずつまんべんなく肌にあて、十分な期間を空けてから再度照射することが大切です。

 

②肌荒れの事例

トリアで肌荒れを引き起こしてしまう事例としては、「トリアを使用する前に保冷剤で十分に肌を冷やしてなかったために肌荒れをしてしまう」ということがあります。

肌を冷やしていないとレーザーの熱により肌にかかる負担が大きくなってしまい、赤みや痒みを引き起こしてしまうことがあります。

 

そしてトリアで照射した後に十分に肌の保湿ケアを行っていないことがいえます。

照射後の肌は非常にデリケートな状態になっているので、乾燥や衣服による擦れなどにより肌に大きくダメージがかかり肌荒れを引き起こす危険がとても高くなります。

肌荒れを防ぐためには使用前は肌を十分に冷やすことが大切です。

そして使用後には肌への保湿ケアを決して怠らないようにしましょう。

 

トリア脱毛器で火傷や肌荒れなどの危険な目に遭わないための安全な使い方

①最初は弱いレベルから始める

始めから強いレベルで照射してしまうと肌が慣れていないことから、赤みや痒みを引き起こしてしまい易いです。

また肌が照射の刺激にどのくらい耐えられるかを知らずに行うのは危険です。

効果を早く得たいために最初から強いレベルで照射してしまうと、肌荒れの原因となってしまいます。

始めは弱いレベルから照射して、肌の様子を見ながら赤みや痒みが出ない程度に、徐々にレベルを上げていくことが望ましいといえます。

 

②保冷剤で冷やしながら処理する

保冷剤で冷やしながら照射することはとても大切です。

肌を冷やすことで肌荒れを防ぎ、火傷を予防するなど照射による肌トラブル全般を回避することができます。

保冷剤を使わずに照射をしてしまうと、レーザーの熱を全て肌が受け止めてしまい肌への負担がとても大きいです。

肌表面をしっかり冷やしておくことで肌表面が冷やされ、レーザーから受ける熱のダメージを大幅に軽減することができます。

また照射前だけではなく、照射後も冷やすことで肌が受けたダメージを沈静化させる効果があります。

 

③照射後は保湿ケアを行う

照射後の肌は強い熱の刺激を受けた状態でとてもデリケートであり、肌の水分量が減っていることから乾燥肌になりやすいといえます。

そして少しでも肌が乾燥した状態が続くと、赤みや痒みを引き起こしやすいです。

照射後の丁寧な保湿ケアは、肌の水分量を補って保持する大切な役割があり、肌が受けたダメージを大きく緩和します。

照射を継続する為にも日頃から肌の保湿ケアは大切ですが、特に照射後の保湿ケアは丁寧にするように心掛けましょう。

 

スポンサードリンク

トリア脱毛器の安全性についてまとめ

トリア脱毛器は正しい使い方や注意点を守って使用しなければ、火傷や肌荒れを引き起こしてしまう危険性は十分にあります。

しかしトリアはFDA認可を受けている脱毛器であるため、使用上の注意を守りながら使えば高い安全性を保ちながら使うことができます。

この記事で紹介した使用上の注意を守った上で、安全で快適な脱毛を行うようにしてください。

 

\\FDA認可&皮膚科医主導による安全性実証済み//

トリア公式サイトはこちら

 

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました