【父の日】50代のお父さん向けの二つ折り財布の選び方とオススメブランド

この記事では、

・【父の日】50代のお父さんへのプレゼントに二つ折り財布が向いている理由

・50代のお父さん向けの二つ折り財布の選び方

・父の日のプレゼントにオススメ!50代のお父さん向けの二つ折り財布ブランド

について、ご紹介していきます。

今すぐオススメの二つ折り財布をチェックするならこちら>>

 

スポンサードリンク

【父の日】50代のお父さんへのプレゼントに二つ折り財布が向いている理由

理由①長持ちする

革製品の二つ折り財布は、耐久性があります。

一度、贈ると10年くらいは使ってもらえることでしょう。

プレゼントされた財布の経年変化を楽しみながら、還暦を迎えるのも素敵です。

お父さんが年齢を重ねて味わいを深めていくのと共に、財布も良い味を醸し出していきます。

 

理由②子供の経済的自立をアピール

50代のお父さんに贈るとすれば、20代から30代のお子さんが想定できます。

父の日に高級な二つ折り財布を贈るということは、社会人としてある程度のキャリアを築き、経済的に自立していることをお父さんに伝えるチャンスです。

日ごろ照れくさくて、なかなか感謝の言葉を伝えれなかったり、既に実家を出ていたりする子供も多いと思われるので、父の日の機会を活用したいものです。

 

理由③ミニマリストの50代お父さんに

50代といえば、現役で働き盛りです。

60代の定年延長も盛んですが、50代での早期退職を推奨している企業も多々あります。

50代管理職の方も多いと思われますが、リタイアを意識せざるを得ない年代といえるでしょう。

そんな50代のお父さんは、すっきりシンプルに余分な物をもたないミニマリストの方が増えるのも当然です。

コンパクトな二つ折り財布は、ミニマリストのお父さんにぴったりです。

 

【父の日】50代のお父さん向けの二つ折り財布の選び方

選び方①上質感

50代のお父さんは、重要なポジションについている方も多いことでしょう。

会計時にさり気なく見える上質な財布は、ダンディさを演出します。

風水的に金運を呼ぶといわれている高級レザーを選ぶのも、お父さんに喜ばれそうです。

 

選び方②薄さと機能性

スーツのポケットにスマートにおさまる薄さは、大切なポイントです。

二つ折り財布は厚みが出やすいので、カード入れが取り外せるタイプもあります。

カードの出し入れのしやすさや、コインを取り出すときのファスナーなど機能にも、気を配りたいものです。

 

選び方③ブランドのポリシー

素材へのこだわりはもちろんですが、ポリシーが明確なブランドが、50代のお父さんの心を刺激することでしょう。

目の前のことだけでなく、長期的なスパンや、会社全体、市場全体を広く見ているからこそ、環境に配慮し、持続可能な社会を創るための企業努力をしているブランドに、魅力を感じるはずです。

 

父の日のプレゼントにオススメ!50代のお父さん向けの二つ折り財布ブランド

オススメブランド①ココマイスター

 

ブランドの概要と価格帯

ココマイスターは、日本文化の志を大切にしているブランドです。

硬派向けのイギリスの革、陽気な人向けのイタリアの革をそろえ、和洋折衷な上品さを表現しています。

二つ折り財布の価格帯は、2万円台から27万円まで幅広いですが、3万円前後の商品の種類が多いです。

 

50代のお父さんにオススメのポイント

鞄や革小物までそろっているので、ココマイスターの製品が好きなお父さんには、オススメです。

ギフト用にセレクトされた商品もあり、選びやすいです。

年代や贈る人の個性に合わせて、二つ折り財布を選ぶことができます。

 

オススメ商品

ザオークバーク・マールバラが、アクティブな50代お父さんにおススメです。

66000円と値段は張りますが、世界の海図をイメージしたレザーが特別な日のプレゼントに合っています。

32000円のカルドミラージュ・コンパクトウォレットも、重厚感があり、誰にでも喜んでもらえそうです。

 

オススメブランド②スーパークラシック

ブランドの概要と価格帯

スーパークラシックは、2009年にスタートしたブランド。

グッドデザイン賞も受賞しています。

特許を取得した特別な仕組みで、圧倒的な薄さの財布を実現しています。

二つ折り財布の価格帯は、薄い財布も小さい財布も、1万円台です。

 

50代のお父さんにオススメのポイント

社長兼デザイナーの南和繁さんは、「『薄い財布』の社長が明かすミニマリスト仕事術」を出版しています。

1976年生まれの南社長の考え方に、共感する50代のお父さんは多いと思うので、スーパークラシックのコンパクトな財布がおススメです。

 

オススメ商品

約6cm×9cmのカードサイズの小さな財布と、13mmの薄い財布がおススメです。

どちらも1万円台です。

カードもお札も、小銭もけっこう入ります。

お札を折らずに入れることができ、開封もスムーズでストレスなく使うことができるところが魅力です。

公式サイトでチェック

 

オススメブランド③GORBE

 

ブランドの概要と価格帯

GORBE(ゴルべ)は、2016年に東京で誕生したレザー雑貨ブランドです。

「レザー雑貨ブランドからファッションブランドへ」をテーマに、コレクションを拡大しています。

二つ折り財布の価格帯は、5000円台から1万円弱までです。

 

50代のお父さんにオススメのポイント

GORBE(ゴルべ)の二つ折り財布は、革の原料の種類やなめしの方法、染色や加工にこだわりを持って作られています。

「名入れ可」と書かれた商品は名入れサービスがあり、書体も選ぶことができます。

ギフト用に無料包装のサービスもあるのでオススメです。

 

オススメ商品

イタリアンレザー二つ折り財布(名入れ可)がオススメです。

理由は、
・名入れをしてくれること
・約8000円でレザーの財布が購入できること
・イタリア有数の革が使われていること
です。

英国製ブライドルレザーの二つ折り財布は、裏地もお洒落でおススメです。

Amazonでチェック

 

オススメブランド④Raffaello

 

ブランドの概要と価格帯

Raffaello(ラファエロ)は、世界中から希少な最高級の革素材を探し、素材と職人技法にこだわりをもったブランドです。

売り上げの一部は、バングラデシュの子供たちへの教育支援に寄付されています。

二つ折り財布は、5000円台から2万円くらいの価格帯です。

 

50代のお父さんにオススメのポイント

Raffaelloのホームページに、「革職人物語」が掲載されています。

壁にぶち当たりながらも、一流の職人を目指し、自分の可能性を信じて頑固一徹に財布を作り続ける姿は、自らを磨き続ける50代のお父さんに重なります。

ポリシーをもって創られているところが、オススメのポイントです。

 

オススメ商品

ダ・ヴィンチが愛したスフマート染色の二つ折り財布がオススメ。

理由は、
・古代の芸術的な色彩の財布であること
・現代にマッチした機能性があること

表裏フルブライドルレザーの二つ折り財布(ロイヤルブラック)も、渋くて素敵です。

Amazonでチェック

 

オススメブランド⑤Paul Smith

ブランドの概要と価格帯

Paul Smith(ポールスミス)は、イギリスの伝統的なブランドです。

トラディッショナルな中にも遊び心をもたせたPaul Smithは、世界中で人気です。

価格帯は、6万円台の物もありますが、2万円前後の物が種類も豊富で、たくさんあります。

 

50代のお父さんにオススメのポイント

大物政治家や芸術家が愛用しているので、50代のお父さんも気になるブランドだと、予想します。

日本でも、角川春樹さんや松田翔太さんが使っているブランドです。

「ひねりのあるクラシック」をスローガンとしているところが、オリジナリティと伝統を大切にしている50代のお父さんにぴったりです。

 

オススメ商品

ストライプステッチの入ったもの(約3万円)や、ゼブラのストライプ模様(約15000円)が入った二つ折り財布がおススメです。

シンプルなデザインの中に、ポールスミスらしいツイストが表現されています。

お札を入れるところの革の色も、味があります。

Amazonでチェック

 

スポンサードリンク

まとめ

50代のお父さんには、会社の中でのポジションに応じた上質感のある二つ折り財布がおすすめです。

日ごろ感謝を伝えることができにくいお父さんに、父の日に財布をプレゼントすることは、子供として経済的な自立のアピールをする良い機会となるかもしれません。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました