ホワイトデーギフトにおけるバウムクーヘンの意味とは?

ホワイトデーにお返しをする時、どんな物をあげたらいいか迷いますね。

美味しいスィーツを選んで、喜んでもらえると嬉しいものです。

実は、ホワイトデーギフトにも、意味があります。

キャンディーは「あなたが好きです。」、クッキーは「友達でいましょう。」の意味があるといわれています。

では、バウムクーヘンには、どのような意味があるのでしょうか?

【参考】ホワイトデーのお返しの意味一覧をまとめ!【お菓子・お菓子以外】

 

スポンサードリンク

ホワイトデーギフトにおけるバウムクーヘンの意味とは?

バウムクーヘンは、ドイツのお菓子です。

ドイツ語でバウムは「木」、クーヘンは「ケーキ」で、直訳すると木のケーキという意味です。

生地を棒の表面に少しずつかけながら回して焼き上げるお菓子です。

切り株のような年輪が可愛い人気のお菓子で、何重にも層が重なっているのが特徴です。

そのため、「幸せがずっと続きますように」という意味があるとされ、結婚式の引き出物にもよく使われています。

ホワイトデーでは、二人の幸せを意味するので、義理というより本命の方に贈るのに向いているといわれています。

年輪模様から「少しずつ家庭を築いて繁栄をする」という意味や、「長寿」の意味もあるとされているので、結婚を約束した相手や、結婚後のホワイトデーギフトにも最適です。

ホワイトデーギフトにおすすめのバウムクーヘンTOP10>>

 

ホワイトデーにバウムクーヘンが向いている理由

①特別感

バウムクーヘンは、お菓子の特徴から「幸せが続く」良いイメージを連想させます。

真っ白なバウムクーヘンもあって、まさにホワイトデーにぴったりです。

ホワイトデー用のパッケージが工夫されたバウムクーヘンは、特別感を醸し出しています。

贈られた相手は、大切にされている想いやメッセージをしっかりと受け取ってくれることでしょう。

「二人で幸せを重ねていく」というメッセージは、日ごろ照れくさくてなかなか表現できない付き合いが長いカップルやご夫婦にもぴったりで、特別なホワイトデーになりそうです。

 

②種類が豊富

チョコを練りこんだり、生クリームを混ぜたりと、バウムクーヘンの種類は豊富です。

相手の好みや状況に応じて、選びやすいお菓子です。

本場ドイツのバウムクーヘンも、特別な感じがします。

切り分けるタイプは、二人で分け合うことができます。

また、二人でデコレーションするのも楽しいです。

個包装で食べやすいタイプもあり、型崩れもしにくいので、遠方に贈るのも難しくなくできそうです。

お母さんや年齢がグッと上の先輩からバレンタインチョコをもらったお返しとして、長寿を願い、きなこ味や抹茶味のバウムクーヘンをギフトとするのも良さそうです。

 

③日持ちがする

バウムクーヘンは、生ケーキと違って日持ちするお菓子が多いので、贈られた側もあわてずじっくり楽しむことができます。

ホワイトデーの3月14日にいただいて、その日のうちに食べなければいけないお菓子だと、消費期限が気になってしまいます。

常温で保存可能なものもあります。

相手の年齢やニーズに応じて、選ぶとよいでしょう。

少しずつ長い期間食べたい方や保存に気を使いたくない相手には、日持ちのするバウムクーヘンが適しています。

ホワイトデーギフトにおすすめのバウムクーヘンTOP10>>

 

スポンサードリンク

【ホワイトデー】バウムクーヘンの意味についてまとめ

ホワイトデーにバウムクーヘンを贈るのは、「二人で幸せを重ねていく」という意味が含まれています。

年齢を重ねた方へのお返しとして、「長寿」を願って贈るのも適しています。

ホワイトデー用のパッケージも工夫されているので、相手に応じて選びたいものです。

ホワイトデーギフトにおすすめのバウムクーヘンTOP10>>

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました