ホワイトデーギフトにおけるチーズケーキの意味とギフトに向いている理由を解説

3月14日のホワイトデーは、一般的にバレンタインにチョコレートを贈られた男性がお返しをする日とされています。

この習慣は、日本が起源です。

義理チョコや友チョコなどの多様化に伴って、ホワイトデーギフトも多様化していますが、チーズケーキがギフトとして向いている理由に、スポットをあててみます。

ホワイトデーにおすすめのチーズケーキギフト10選>>

 

スポンサードリンク

ホワイトデーギフトにおけるチーズケーキの意味とは?

ホワイトデーにはスイーツが贈られることも多いですが、贈られた側は「このギフトをくれたのにはどんな意味があるのだろう」と考える人も多いようです。

例えばマカロンは「特別」、クッキーは「友達」を意味するという説もあります。

では、チーズケーキはどうでしょうか?

チーズケーキに関しては、あまり意味が含まれていないようです。

逆に、勘違いされることもなく気軽に贈ることができるギフトともいえます。

あるデパートのアンケートによれば、女性の9割がチーズケーキを喜んだともされています。

ホワイトデーギフトとして、無難で、相手に喜ばれるチーズケーキを選ぶ人も多いので、大々的に売り出しているところもあります。

 

ホワイトデーにチーズケーキが向いている理由

①カロリー控えめ

ケーキは別腹といいますが、やはり気になるのはカロリーです。

その点、チーズケーキはカロリーが控えめで、罪悪感をあまり感じないで食べることができます。

ベイクドチーズケーキなら、一人分が約277キロカロリーです。

苺のショートケーキは一人分約366キロカロリーで、チョコレートたっぷりのザッハトルテだと、一人分約513キロカロリーです。

ボリューム感がなく、美味しいチーズケーキは好きな人も多いので、喜んでもらえそうです。

 

②お取り寄せしやすい

チーズケーキは、お取り寄せしやすいギフトです。

名店の高級なチーズケーキや、地元の馴染みのケーキ屋さんのチーズケーキなど、贈る相手の状況やニーズ、相手との関係性、贈るタイミングやシチュエーションを考慮し、選ぶと良いでしょう。

ランキングで人気の高いチーズケーキも喜んでもらえそうです。

また、いつも食べているチーズケーキにも安心感があります。

ラッピングや一緒にお花を合わせて工夫することで、ゴージャスなギフトにもなります。

 

③簡単に手作りできる

チーズケーキは、意外にも簡単に手作りできます。

クリームチーズと、生クリームや卵、砂糖、薄力粉をただ混ぜて焼くだけです。

分量は、スマホで簡単に調べることができます。

オーブントースターや炊飯器でも作ることができます。

手づくりすると、特別感も出てきます。

食べてくれる人の笑顔を思い浮かべながら作れそうです。

また、職場や友人、家族と切り分けて、みんなでわいわい賑やかにホワイトデーのイベントを楽しむのも素敵です。

ホワイトデーにおすすめのチーズケーキギフト10選>>

 

スポンサードリンク

【ホワイトデー】チーズケーキの意味とギフトに向いている理由についてまとめ

ホワイトデーギフトとして、チーズケーキにはあまりメッセージ性がありません。

そのため、意味を勘違いされることなく、気軽に誰にでも贈ることができます。

カロリーが控えめで美味しいチーズケーキが好きな人も多く、喜ばれるギフトです。

ホワイトデーにおすすめのチーズケーキギフト10選>>

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました