オルビスユーシリーズの年齢層と年代別の取り入れ方

オルビスユーを買ってみたいけど、年齢に合ってるのかな…?

いつから買い始めたらいいのだろう…

と悩んでいるそんなあなたへ!

今回はオルビスユーシリーズの年齢層と年代別の取り入れ方について紹介します。

是非買う時の参考にしてみてください。

\\まずは体験セットでお試し//

 

オルビスユーシリーズの特徴

オルビスユーは一人ひとりの心地よい未来のための初期エイジングケアシリーズです。

毎日のケアで、肌が自ら美しくあり続けるために、本来備わっているうるおい機能を高め、ゆらがない肌へと導いてくれます。

旧バージョンよりパワーアップし、保湿成分がより多く配合されているため、肌のきめ細かさと潤いを実感できます。

独自研究に基づいたアプローチ成分「MCアクティベーター」は、肌のうるおいを引き出し・高めて、ハリ感あふれる肌へと導きます。そ

して、ポーラ・オルビスグループ独自の肌荒れ防止有効成分の「DF-パンテノール」は、角層のバリア機能にアプローチして肌荒れを防ぎ、ダメージにゆらがない肌を叶えます。

 

オルビスユーシリーズの対象年齢層

オルビスユーは、20〜60代までの幅広い年代で使用できます。

口コミでは、ニキビが気になるという20代の方や、エイジングケアがしたいという50代の方などが使用して、効果を実感したという言葉があり、様々な年齢層の方に愛されているのが分かります。

やはり、パシャパシャ使えるところやエイジングケアもできるところが、長年使用するポイントであると言えます。

エイジングケアは将来の肌をより良くするために必要なことなので、早めに実行することで対策できます。

 

オルビスユーシリーズの年代別の取り入れ方

10代で使う場合の取り入れ方

10代の場合だと値段が高く感じると思うので、家族の方とシェアするのがおすすめです。

また、10代の方はまだ肌が元気な状態なので、クリームはせずオルビスユーの化粧水だけでもいいと思います。

乾燥が気になっている方は、少しだけクリームを塗るのが良いです。

 

20代で使う場合の取り入れ方

20代になるとニキビや乾燥など、気になるポイントが増えるので、オルビスユーのセット使いで悩みを無くしましょう。

洗顔料で化粧水のなじみを良くし、化粧水で肌に潤いを、クリームで潤いを閉じ込めることでニキビや乾燥に強い肌を作れます。

 

30代で使う場合の取り入れ方

シミやくすみが現れやすくなるのが30代です。いつまでも綺麗な肌を保ちたいですよね。

そのためには、早めのエイジングケアをしましょう。

たっぷり保湿することで、乾燥から肌を守れます。化粧水はパシャパシャたくさん使用しましょう。

 

40代で使う場合の取り入れ方

40代から肌のゆらぎや不調が出始めるのではないでしょうか。

そんな時に、保湿を意識したスキンケアをすることでハリのあるぷるっとした肌に変わります。

ぱしゃとろの化粧水を毎日使用することで20代の肌のようになります!

 

50代で使う場合の取り入れ方

50代は化粧ノリが悪くなるという悩みが出てくる年代です。

スキンケアでしっかり保湿することで、ベースメイクが見違えるほど綺麗にのってくれます。

クリームでたっぷり保湿して対策していきましょう!

 

60代で使う場合の取り入れ方

60代の方は、水分量が若い頃と比べて減少しているので、うるおいたっぷりの化粧水はすごくおすすめです。

毛穴が目立つ人は、洗顔料で角質と汚れを吸収し、化粧水のなじみやすい肌にしましょう。

\\まずは体験セットでお試し//

 

オルビスユーシリーズの年齢層についてまとめ

オルビスユーシリーズの年齢層と年代別の取り入れ方について紹介しましたが、いかがでしたか?

エイジングケアは早いうちにやることで、将来の肌がより良くなります。

気になった場合は、まずは気軽に試せる体験セットもあるので、そちらもチェックしてみてください。

\\まずは体験セットでお試し//

 

タイトルとURLをコピーしました