ヨーロッパ旅行にコロナウイルスの影響は関係ある?行く予定がある場合はキャンセルした方がいいの?

NO IMAGE

中国武漢から始まったコロナウイルスが世界的な脅威となってきており、武漢への旅行に関して見送った方がいいことは言うまでもないことですが、
アジアから離れたヨーロッパへの旅行を計画していた場合、コロナウイルスの影響を懸念して今からキャンセルした方が良いのでしょうか?

この記事では、ヨーロッパ旅行にコロナウイルスの影響は関係あるのか、行く予定がある場合はキャンセルした方がいいのかということについてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ヨーロッパ諸国でのコロナウイルスの感染状況

まずはヨーロッパ諸国でのコロナウイルスの感染状況を知る必要があります。

こちらのサイトのデータが日々更新されていて一番分かりやすいです。

 

日本では日々感染者が増え続けていますが、ヨーロッパ諸国では拡大初期からはそこまで増えていない、微増程度のようです。

 

【関連】コロナウイルスの重症化率・回復率・死亡率はどれぐらい?

 

ヨーロッパ旅行はコロナウイルスの影響を考えてキャンセルした方がいい?

まず「自分が感染するか否か」というところにスポットを当てれば、「コロナウイルスを心配してヨーロッパ旅行をキャンセルする必要はない」と言えるでしょう。

 

というのも、日本に比べるとヨーロッパ諸国の感染拡大率は圧倒的に低いですし、むしろお金と時間に余裕がある人であればしばらくヨーロッパにいた方が良いぐらいです。

 

ただ別のリスクとして、「アジア人」ということで一括りにされて差別される可能性も考えられなくもありません。

ヨーロッパの人からすれば日本人も中国人も皆同じに見えるでしょうし、現地に行ったことで「ウイルスを持ち込むな」といった酷い差別を受けるということもあり得なくはない話です。

 

中国国内ですら武漢の人に対して差別意識を持っていたり、我々が住む日本でも来日する中国人を一括りにして差別的な感情を持っている人が残念ながら多いので、
ヨーロッパ人にもアジア人を一括りにして差別する人がいることは想像に容易いことです。

 

また日本は、隣の韓国とは比べ物にならないぐらいウイルスからの防御力が低い国だという事が、今回のコロナウイルスを通じて分かったので、

むしろ「日本人である」という事自体が差別される要因になる可能性だってあります。

 

とはいえ、例えば日韓関係が騒がれていた時期に韓国に旅行に行っても実際に現地で差別を受けた人はほとんどいなかったのと同じで(悪い部分だけ取り上げられて目立っていただけ)、
コロナウイルスに関しても頭の悪い差別をしてくる人は少数派であるとは思いますし、確率的には何事もなく楽しんで帰ってくる人の方が圧倒的に多いでしょう。

 

ただその少数派に遭遇する可能性もありますし、ビクビクして心配で仕方ないのであればキャンセルすれば良いのではないかと思います。

 

逆に細かいことを気にしないのであれば、一番重要なのは「旅行に行ったことで自分が感染しないかどうか」なので、

ヨーロッパの国が日本人を渡航禁止などにする前に行った方が良いかもしれません。

【参考】韓国旅行はコロナウイルス大丈夫?キャンセルした方がいい?

 

スポンサードリンク

まとめ

ヨーロッパ旅行はコロナウイルスの影響を考えて行かない方がいいのかどうかということについて見ていきました。

 

【オススメ記事】

ドイツでLINEは使える?国内での連絡・日本との連絡で通じるのか

エティハド航空の安全性や座席の快適さ/安い理由は危険だから?

 

旅行カテゴリの最新記事