アメリカでクレジットカードは使える?使えない?

アメリカでクレジットカードは使える?使えない?旅行

*当サイトのコンテンツは「読者様にとって役に立つ情報であること」を第一優先に作成しておりますが、その過程で商品プロモーションが含まれることがあります。

広大な大陸に大自然が広がり、エンターテイメントも充実しているアメリカ。

アメリカに旅行に出張に行ったら、クレジットカードは使えるのでしょうか?

この記事では、アメリカでクレジットカードが使えるかどうか、おすすめのクレジットカードの比較などをまとめていきます。

これからクレジットカードを作る場合は、海外旅行保険が利用付帯される楽天カードがオススメです。

ポイント還元率は1%で、年会費は永年無料。

1枚持っておいて損はしないカードです。

\\年会費無料//

楽天カードの申し込みはこちら

 

アメリカでのクレジットカード普及率はどれぐらい?

アメリカでは、クレジットカード払いが主流です。

紙幣の偽造が多く、犯罪防止のため、カード払いにしている店舗が多いのです。

また、治安のよくないエリアでは、現金の盗難の危険性もあります。

クレジットカードなら紛失したり盗難されたりしても、補償があるので安心です。

そのため、アメリカは、日本よりクレジットカードの普及率が高いです。

個人経営の小さなお店もクレジットカードに対応しており、数百円の飲み物一杯でも、クレジットカードで決済する人がほとんどです。

 

現金とどっちが便利?

アメリカでは、現金やスマホ決済よりクレジットカード決済が浸透しています。

ファーストフード店や小さなお店でも、クレジットカードの読み取り機を備えています。

アメリカでは、現金よりクレジットカード払いが便利です。

 

アメリカで日本のクレジットカードは使える?使えない?

200
アメリカでは、世界的に大きなシェアをもつMastercard、VISAをはじめ、アメリカン・エキスプレス、JCBなどの国際カードが使えます。

また、アメリカのクレジットカード会社のディスカバーが、日本生まれのJCBや中国の銀聯と提携したことで、使える店舗が増加しています。

念のため、Mastercard、VISAなど異なる国際ブランドクレジットカードを複数枚、持っていれば、アメリカでは安心です。

アメリカではクレジットカードが信用性を高める手段にもなっています。

 

円かドルどっちで請求される?

アメリカでクレジットカードを利用すると、必ずしもドル決済になるわけではありません。

店舗によっては、独自の為替レートで日本円に設定している場合があり、後で思ったより高く請求されていて驚くケースもあります。

そのため、支払い時にドルで決済するという意思表示をすることが大切です。

 

アメリカでのクレジットカード利用は怖い?不正利用などの危険性や注意点は?

アメリカでも、クレジットカードの不正利用があります。

しかし、日本で使う時と同様、紛失や盗難に十分に気をつけていれば、過度に心配する必要まではありません。

セキュリティのしっかりしたクレジットカードを選んで使うことや、被害に合わないための基本的な対策はしておくようにしましょう。

場末のさびれた場所や人目の少ないエリア、セルフガソリンスタンド、街中のATMなどは不正な機器があるなど、スキミングされる危険性があるので気をつけた方がいいです。

また、フリーWi-Fiスポットにも気をつけましょう。

IDやパスワードの入力は控えた方が賢明です。

ホテルなどで、フロントから電話がかかってきてクレジットカード番号を教えてほしいと言われても、教えないことをおススメします。

アメリカでは日本と同様にICチップ付きのカード100%をめざしているので、不正利用される軽減策を講じたいものです。

 

アメリカで使えるおすすめのクレジットカードは?

おすすめ①楽天カード

年会費永年無料
還元率1%
ポイント付与方法楽天ポイント(買い物に利用可)
発行スピード約1週間~10日前後
国際ブランドAmerican Express、Mastercard、Visa、JCBから選択
海外旅行保険利用付帯

楽天カードは、海外でも使えるカードです。

クレジットカードの国際ブランドを選ぶことができるのも魅力です。
アメリカでは楽天カードならではの優待や、国際ブランドごとの優待があります。

例えばポケットWi-Fiやレンタカー利用が割引になり、お得です。
アメリカでレンタカーを5日間以上使うと、特別優待料金に加え、25ドル引きになります。

無料でワンランク上の車種にできるサービスもあります。

また、サポートデスクが24時間365日、日本語で対応してくれるので安心です。

 

海外旅行保険の補償内容や利用条件

事前申し込み不要
対象出国前に楽天カードで決済した海外ツアー
障害死亡2000万円
障害疾病治療費用200万円
携行品損害20万円

楽天カードの海外補償保険は、クレジットカードに付帯する障害保険です。

アメリカ旅行中、万が一トラブルになった場合、楽天カードが会員に補償します。

事前申し込みはいりませんが、海外ツアーの利用料金を楽天カードで決済することで、保険が適用されるシステムです。

医療機関への移送や日本までの送還も、限度額までは海外医療保険で対応できることもあるので、窓口に相談しましょう。

\\年会費無料//

楽天カードの申し込みはこちら

 

おすすめ②エポスカード

年会費無料
還元率0.5%
ポイントの使い方マルイショッピング(買い物に利用可)
発行スピード最短当日~約1週間
国際ブランドVISA
海外旅行保険2023年9月30日まで自動付帯 10月1日から利用付帯

エポスカードは年会費無料で入会のしやすさと、入会時にポイントを付与してくれるサービスが人気のクレジットカードです。

百貨店のマルイグループの子会社が運営していて、200円利用するごとに、1ポイント貯まります。

貯まった1ポイントは1円としてショッピングに使え、Amazonでも使うことができます。

アメリカでは、ニューヨークやサンフランシスコ、ラスベガス、ロサンゼルスなど、主要都市にサポートデスクがあります。

 

海外旅行保険の補償内容や利用条件

事前申し込み不要
対象VISA付のエポスカードを持っている本人のみ
障害死亡500万円 2023年10月から最高3000万円
障害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
携行品損害20万円(免責3,000円)

VISA付のエポスカードが発行された翌日からの海外旅行に適用されます。

これまでは自動付帯でしたが、2023年10月からは改訂され、旅行代金を対象のカードで支払うことで海外旅行傷害保険が適用の利用付帯になり、保険金額等も変更になります。

アメリカでの急な病気や、デジカメを落として壊してしまったなどの携行品障害を重視した補償内容です。

出発前にも相談にもってくれ、アメリカ旅行中も、旅行保険事故対応窓口で、日本語で24時間対応してくれます。

アメリカでのクレジットカード利用についてまとめ

アメリカでは、クレジットカード決済が主流です。

スマホ決済に慣れている日本とは、少し違うかもしれませんが、日本で使っている国際ブランドのクレジットカードがアメリカでも使えます。

海外旅行保険の補償内容なども検討し、セキュリティのしっかりしたクレジットカードを使って、安心感をもってアメリカ旅行を楽しみたいものです。