ハワイでクレジットカードは使える?使えない?

ハワイでクレジットカードは使える?使えない?旅行

*当サイトのコンテンツは「読者様にとって役に立つ情報であること」を第一優先に作成しておりますが、その過程で商品プロモーションが含まれることがあります。

ワイキキビーチなど世界の人々が憧れをもつリゾート地ハワイ。

ショッピングも充実していますが、決済方法はどのようになっているのでしょうか?

この記事では、ハワイでクレジットカードが使えるかどうか、おすすめのクレジットカードの比較などをまとめていきます。

これからクレジットカードを作る場合は、海外旅行保険が利用付帯される楽天カードがオススメです。

ポイント還元率は1%で、年会費は永年無料。

1枚持っておいて損はしないカードです。

\\年会費無料//

楽天カードの申し込みはこちら

 

ハワイでのクレジットカード普及率はどれぐらい?

ハワイでは、アメリカ本土と同じようにクレジットカード決済が主流です。

スーパーやコンビニなどの小規模のお店でもクレジットカードでの利用率が高い傾向にあり、クレジットカードの普及率は高いです。

ハワイでは観光客が多いため、スリや盗難に合うケースもあり、現金を持ち歩くより、クレジットカードを活用する人が多いようです。

ハワイでは、レストランやホテルでもチップを払う習慣がありますが、ほとんどのチップもクレジットカードで支払えます。

 

現金とどっちが便利?

ハワイではクレジットカードが便利です。

現金はスリに在ってしまったら、なかなか返ってくることは難しいですが、クレジットカードは紛失すると、利用を停止することができます。

ただし、露店やバス代、ホテルでの荷物運びのチップなど、現金支払いのみという場面もあるので、少額の現金は必要です。

 

ハワイで日本のクレジットカードは使える?使えない?

ハワイでは、日本で使っているJCB、Mastercard、VISAなどの国際カードが使えます。

日本人観光客向けに、ハワイでのJCB加盟店も多く、優待サービスも充実しています。

ハワイには、国際ブランドのクレジットカード会員が利用できる空港のラウンジがいくつかあります。

日本語で案内してくれるラウンジも多くあります。

入場無料でソフトドリンクが飲めたり、荷物の預かりサービス、観光に使えるクーポンなど、様々なサービスがあったりするので、是非活用したいものです。

念のため、2種類以上のクレジットカードを持っていれば安心です。

 

円かドルどっちで請求される?

クレジットカードで支払うと、基本的にはドル払いになり、クレジットカード会社を通して為替手数料などが加味され、後日、円で請求されます。

しかし、店舗によっては独自のレートで日本円を設定し、割高な請求をされることがあるので、ドル決済をしたい意向を英語で伝えられるようにしておいた方が賢明です。

 

ハワイでのクレジットカード利用は怖い?不正利用などの危険性や注意点は?

ハワイでは、日本に比べて治安の良くないエリアもあります。

日本人観光客に声をかけ、クレジットカードを盗み見するなどの犯罪もあるようです。

しかし、基本的なことに十分に気をつけていれば、過度に心配する必要まではありません。

まず、カードから目を離さないようにします。

暗証番号を入力した後、目を離したすきに不正利用される場合があります。

また、サインをする前に必ず金額を確認しましょう。

有名な店舗だからと安心せず、桁数もチェックすることをおススメします。

そして、二重請求を避けたい不正利用に気づいたりするためにも、利用明細を確認し、保管しておくことが大切です。

もし、おかしいと思ったら、早めにカード会社に問い合わせましょう。

 

ハワイで使えるおすすめのクレジットカードは?

おすすめ①楽天カード

年会費永年無料
還元率1%
ポイント付与方法楽天ポイント(買い物に利用可)
発行スピード約1週間~10日前後
国際ブランドAmerican Express、Mastercard、Visa、JCBから選択
海外旅行保険利用付帯

楽天カード会員は、ハワイのワイキキラウンジやアラモアナラウンジが無料で使えます。

会員だけでなく、同伴者5名までラウンジが利用できます。

ラウンジでは、ベビーカー貸し出しなどのお子様連れのサービスや、カードの紛失などの相談にものってくれます。

 

海外旅行保険の補償内容や利用条件

事前申し込み不要
対象出国前に楽天カードで決済した海外ツアー
障害死亡2000万円
障害疾病治療費用200万円
携行品損害20万円

日本を出国する前に、1円以上楽天カードでハワイ旅行の代金を払っていることで海外旅行保険が適用されます。

ハワイからの問い合わせでも、海外アシスタンスサービスで、24時間日本語での対応をしてくれるので安心です。

日本語で症状を伝えれば、病院の紹介や保険金の請求手続きの説明を丁寧にしてくれます。

紛失や盗難などの対応も24時間365日です。

\\年会費無料//

楽天カードの申し込みはこちら

 

おすすめ②エポスカード

年会費無料
還元率0.5%
ポイントの使い方マルイショッピング(買い物に利用可)
発行スピード最短当日~約1週間
国際ブランドVISA
海外旅行保険2023年9月30日まで自動付帯 10月1日から利用付帯

高校生を除く18歳以上であれば誰でも申し込めて、年会費が無料で発行までの期間が短いエポスカードは、お得感がある人気のカードです。

カード利用200円ごとに1ポイント貯まり、1ポイント=1円でショッピングなどに使うことができます。

出国前に、エポスカードの海外サポートデスクのweb予約サービスから、ハワイのレストランの事前予約ができ、手数料も無料です。

オアフ島でのホノルルラウンジでは、ドリンクなどのサービスが使えます。

また、憧れの「ビルズ・ハワイ」ではソフトドリンク一杯無料の優待もあります。

他にも「ハーツレンタカー」10%引きなど、割引などもたくさんあります。

 

海外旅行保険の補償内容や利用条件

事前申し込み不要
対象VISA付のエポスカードを持っている本人のみ
障害死亡500万円 2023年10月から最高3000万円
障害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
携行品損害20万円(免責3,000円)

エポスカードの海外旅行傷害保険はこれまでは自動付帯でしたが、2023年10月からは改訂され、旅行代金を対象のカードで支払うことで適用される利用付帯になり、保険金額等も変更になります。

年会費無料のカードの中では、障害・疾病治療費の補償額が高めに設定されています。

緊急医療費キャッシングサービスがあるので、指定の医療施設ならハワイでの支払いなしでの治療や入院が可能です。

ハワイでのクレジットカード利用についてまとめ

憧れのリゾート地ハワイでは、クレジットカードの支払いが主流です。

日本で使っている国際ブランドのクレジットカードを小規模の店舗でも使うことができ、チップもクレジットカードで支払うことができます。

カード会員は、ハワイでのラウンジ利用や優待、割引サービスなども充実しています。

ハワイでLINEは使える?使えない?日本との通話は繋がるのか等について解説
ハワイ旅行に行く際に気になるのが、「LINEで現地や日本との連絡を取ることができるのか?」ということ。 結論から言うと、WiFiに接続さえすれば「ハワイ←→日本」「ハワイ←→ハワイ」いずれのLINEやりとりもすることが可能です...

 

タイトルとURLをコピーしました