オーディオブックってどれがいいの?おすすめアプリを定額料金やコンテンツ量から比較

オーディオブック

年々市場が拡大しているオーディオブックですが、「よし、俺もオーディオブック初めてみよう!」と思っても、オーディオブックのアプリはとにかく種類が多い!

 

そこで今回は、「どのオーディオブックサービスを使えばいいのか分からない・・・」というあなたのために、

各アプリの特徴、比較を踏まえてオススメのオーディオブックサービス・アプリを紹介していきます。

\\オーディオブック初心者でコスパ重視なら//

audiobook.jpがオススメ!

↓   ↓  ↓

▼まずは30日間無料でお試し▼

audiobook.jp公式サイトへ

約1万冊が聴き放題

 

\\圧倒的コンテンツ量を体験したいなら//

オーディブルがオススメ!

↓   ↓   ↓

▼まずは30日間無料お試し▼

Audible公式サイトへ

▲毎月1冊をタダでゲットできる▲

 

スポンサードリンク

オーディオブックのアプリって何があるの?

オーディオブックのアプリは様々です。

現在、サービスを行っているオーディオブックアプリを紹介いたします。

 

オーディオブック①audible(オーディブル )

Amazon社が運営しているサービスです。

オーディオブック業界一のラインナップを誇り取り扱っている書籍数はなんと40万冊。

書籍数も多くビジネス書は勿論、自己啓発、ミステリー小説、ライトノベルまで幅広く取り扱っています。

 

その他にもセミナーやイベントなどのアーカイブ配信をしているチャンネルや著者本人や有名人による朗読作品なども拡充しています。

また、月額制でもらえるコインの交換で書籍と交換する仕組みになっていますが、購入した本が思ったイメージと違っていたり満足できなかった際に返品してコインを復活させることができます。

 

オーディオブック始めたての方にも選びなおしができる良心的なサービスとなっています。

オーディブルの30日間無料トライアルはこちら

 

オーディオブック②audiobook.jp(オーディオブック.jp)

Audibleと対をなしオーディオブック界で2党と言われるaudiobook.jp。

Audibleの書籍数までは行きませんが2万3千冊以上を楽しむことができる豊富なラインナップのサービスです。

こちらもビジネス書、自己啓発、小説、雑誌など幅広いジャンルを網羅しています。

 

ですが、こちらのサービスの最大の魅力は「聴き放題プラン」があることです。

月額750円で提供しており、好きな時好きな分聴くことができるサービスとなっています。

購入した本が思っていたのと違う場合でも聴き放題なので損することもありません。

 

さらに今なら聴き放題プランが30日間無料のキャンペーンもやっておりますので気になっている方は試してみてはいかがでしょうか。

audiobook.jpの無料トライアルはこちら

 

オーディオブック③Google Play Book

こちらはGoogleが運営しているサービスです。

一般の書籍販売が主になっていますが、一部オーディオブックの販売も行っております。

ジャンルとしては英会話や洋書など英語のコンテンツが多い内容となっています。

リスニング強化や洋書のオーディオブックを試してみたいという方はおすすめです。

 

オーディオブック④Himalaya

基本無料のアプリとなっています。(一部プレミアム有)

主にラジオコンテンツの「ポッドキャスト」をメインで聞くことができ、一部オーディオブックが収録されています。

ビジネスや語学系だけでなくお笑いなどのジャンルもあります。

 

オーディオブック⑤honto

電子書籍、通販ストアで実績のある会社です。

電子書籍と言えば言わずもがなのラインナップで有名ですがオーディオブックの配信を始めました。

書籍数は400冊前後と発展途上ではありますが、文教堂などの書店とも連携をしているため、今後の期待ができるアプリとなっています。

 

オーディオブック⑥kikubon

SFやミステリー、ファンタジー小説が豊富なオーディオブックアプリです。

SF小説の発行プロジェクトから生み出したアプリの為、聴くジャンルが決まっている人には特化したものとなっています。

 

また、会員登録は必要ですが無料で聞くことができるオーディオブックもあることや、安い金額で楽しめるレンタルサービスなどもあるのでこれらのジャンルが気になる方は登録してみてはいかがでしょうか。

 

オーディオブック⑦digigi

ビジネス書や自己啓発、経済学などのジャンルを主に取り扱っています。

大きな特徴は「マンスリープラン」というもので2冊1500円で購入することができます。

欲しい本を取り扱っている場合は、お得な価格になっています。

 

オーディオブックアプリのサービス内容を一覧で比較

定額(月額)料金 無料お試し期間 聴き放題プランの有無 ラジオやストリーミングサービス コンテンツ量 ジャンル傾向 強み・今後への期待
オーディブル 1500円 30日間 × 40万冊以上 ビジネス書、自己啓発、ミステリー小説、ライトノベルなど 圧倒的なコンテンツ量
audiobook.jp 750円 30日間 × 2万3千冊以上 ビジネス書、自己啓発、小説、雑誌など コスパ最強、初心者に一番オススメ
Google Play Book × × 7千冊以上 英会話洋書など 一部セールにて割引を行っているサービス有
Himalaya 基本無料、プレミアム:750円 90日間 2万6千冊以上(プレミアムの場合) ビジネス書、語学、お笑い、オーディオドラマなど サービス内容はいいが、ラインナップが古い
honto × × 400冊以上 ビジネス書、エッセイなど 電子書籍ストアとの連携で今後の拡充の可能性有
kikubon × × 400冊以上 ミステリー、ファンタジー小説など 一部無料作品があることや低価格で購入できるレンタル機能等有
digigi 1500円 × × 300冊以上 ビジネス書、自己啓発、経済学など 今後の成長に期待

 

オーディオブックアプリを比較した上でのおすすめはこれ!

以上オーディオブックアプリを比較してきましたが、上記の中でオススメできるのは圧倒的に

audiobook.jp(オーディオブック.jp)

Audible(オーディブル)

の2つです。

 

他のアプリも悪くはないですが、この2つに比べるとラインナップが微妙だったり、まだ発展途上だったり。。

ここからは、「audiobook.jo」「Audible」どちらを利用すべきなのか、タイプ別に合わせてまとめていきます。

 

まだオーディオブックに慣れていない人へのオススメ

初心者や、「とりあえずオーディオブックに慣れていきたい!」という人におすすめは「audiobook.jp」の聴き放題プランです。

audiobook.jpは月額750円と低価格で聴き放題プランを提供しており、対象の1万冊は好きな量を好きなだけ読むことができます。(個別課金作品を含めると2万3千冊以上)

 

また、初回30日間無料サービスも行っており、解約手数料等もかからない為、1か月利用してみてその後の考えるのも一つの手です。

 

他のサービスでもオーディオブック.jpと同価格帯のサービスはありますが、他のサービスだと作品数があまり充実していません。

「月額費用の安さ×作品数」という意味では最強のサービスであると言えます。

 

ちなみに値段のお得さ・作品の多さという意味ではHimalayaも同じぐらいのスペックを誇っていますが、Himalayaのラインナップは結構古い作品や微妙な作品が多い。

 

オーディオブック.jpの方がベストセラーなど有名作品も数多くあるため、同じ安さで作品のクオリティの高いオーディオブック.jpの方がオススメです。

 

▼まずは30日間無料でお試し▼

audiobook.jp公式サイトへ

約1万冊が聴き放題

 

オーディオブックが習慣化してきた人へのオススメ

オーディオブックに慣れてきて日々聞くことが習慣になってきた方や、最初から高クオリティのサービスを利用したい!という方は、「Audible」の月額会員プランがおすすめです。

Audibleの会員プランは月額1500円で、毎月一冊のオーディオブックを無料で聴くことができます。

(初めの30日間は無料)

 

月額費はaudiobook.jpよりは高くなりますし聴き放題プランもないため料金は割高になりますが、特徴は何といっても40万冊取り扱いという驚異のラインナップ

 

月1冊読みたい本を選んで、その他いろんなジャンルを読みたい方には一番の内容となっているでしょう。

まずはaudiobook.jpでコスパよくオーディオブックを習慣化し、さらなるオーディオブック生活の質を向上させたいという場合にオーディブルを利用してみるのがオススメです。

▼まずは30日間無料お試し▼

Audible公式サイトへ

▲毎月1冊をタダでゲットできる▲

 

スポンサードリンク

まとめ

オーディオブックの各サービスについて比較していきました。

 

まとめると、

・低価格・高コスパでオーディオブックにとにかく慣れたい人

audiobook.jpがオススメ

 

・オーディオブックが習慣化してきて、さらなる自己投資をしたい人

Audibleがオススメ

 

となります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました