ホワイトデーのお返し/キャンドルの意味とオススメギフト

キャンドルの柔らかく揺らめく炎は、見る人の心を落ち着かせて温かい気持ちにさせてくれますよね。

アロマの香りにはリラックス効果もあります。今年のホワイトデーは素敵なキャンドルをお返しとして贈ってみませんか?

 

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返し/キャンドルに込められた意味とは?

ホワイトデーにキャンドルを贈りたいけど、相手が不快になるような意味をもっていたら嫌ですよね。

ハンカチは「別れ」といったふうに、ネガティブな意味合いを持っているものもあります。

 

ただし、キャンドルにはホワイトデーに贈ることにたいしては意味はありません。

キャンドルを贈ること自体には、「素敵な時間を過ごして欲しい」という気持ちが込められていると言われています。

キャンドル以外のお返しの意味はこちら

 

ホワイトデーのお返しにオススメのキャンドル【ベスト3】

オススメ①ROSY RINGS(ロージーリングス):ボタニカルキャンドル


アメリカはコロラド州デンバーの自然豊かな土地で誕生したロージーリングスのボタニカルキャンドルは、天然の植物が全体にアシラワれており、ハンドメイドで造られているのが特徴です。

 

火を灯しても植物が入った外側の層は溶けない構造になっているので、表面の植物を最後まで楽しむことができます。

ROSY RINGS(ロージーリングス) のキャンドルはこちら 

 

オススメ②VOLUSPA(ボルスパ):JAPONICA(ジャポニカ)

 

アメリカで誕生したボルスパは、長い燃焼時間を保ちながら安定した香りが持続します。

オールハンドメイドの高級フレグランスとして多くのセレブに愛用されています。

和紙の優美さからインスピレーションを受けて生まれたジャポニカは、和柄にデザインされたパッケージが繊細であり大胆で、インテリアとしても素敵です。

Voluspaジャポニカのティンキャンドルはこちら

 

オススメ③Diptyque (ディプティック)

 

フランスはパリのサン・ジェルマン通りに誕生したフレグランスメゾンです。

独自のレシピでブレンドした香りは心地よく、世界中で愛されています。

アロマキャンドルの定番といわれているので、迷ったらディプティックのキャンドルを選べば間違いはありません。

ディプティックのキャンドルをチェック

 

スポンサードリンク

まとめ

キャンドルの灯りと香りは、身体や心をリラックスさせ癒やしてくれます。

バレンタインデーのお返しに感謝の気持を込めて、素敵な時間を過ごして欲しい恋人や友人に素敵なキャンドルを贈ってみてはいかがですか。

 

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました