東伊豆の海開き/2021年はいつ?海水浴シーズンとオススメ海水浴場

東伊豆町と河津町の東伊豆エリア。

大小さまざまな温泉地が点在し、伊豆大島を肉眼で確認できるという魅力があります。

 

この記事では、そんな東伊豆の

・海水浴シーズン

・2021年の海開きはいつなのか

・おすすめの海水浴場

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

東伊豆の海水浴シーズンはいつからいつまで?

東京方面から特急踊り子号で最短約2時間30分。

温暖な東伊豆エリアでは、梅雨が開けたら海水浴シーズン到来です。

 

昨年は、新型コロナウィルス感染予防の影響もあり、伊豆町では7月下旬から開始したビーチや8月に入って始めたビーチがありました。

 

8月下旬まで遊泳期間を定め、9時から16時まで営業しているようです。

河津町のビーチは例年七月下旬から8月下旬までが海水浴シーズンです。

 

令和2年度はコロナ禍で監視員をおかないため遊泳ができないことになっていました。

 

2021年の東伊豆の海開きはいつ?

東伊豆では、今年の夏の海開きの予定はまだ決まっていないようです。

今後の新型コロナウィルスの状況によって、海開きについてのお知らせも前後したり変更したりすることが考えられます。

 

例年、遊泳期間が始まる7月下旬の日に、今井浜海水浴場や熱川海水浴場の浜で、神事が執り行われます。

 

大きなイベントではなく、海の安全を願う儀式のようです。

昨年の河津町では、監視員を常駐させないで遊泳できないことになっていましたが、

8月31日まで民間の海の家は開設されたようなので、観光協会等の情報をチェックしてみましょう。

 

東伊豆のオススメ海水浴場

オススメ海水浴場①~今井浜海水浴場

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuu(@sky_traveller_ogu)がシェアした投稿

 

水質が最高ランクに認定され、透明度が抜群です。

伊豆急行「今井浜海岸」駅から歩いて行くことができます。

「伊豆舞子の浜」と呼ばれる白砂青松の今井浜海岸から徒歩1分。

900メートルの美しく長い砂浜が続いています。

 

オススメ海水浴場②~河津浜海水浴場

 

この投稿をInstagramで見る

 

アルパカさん(@alupaka3)がシェアした投稿

 

河津桜で有名な河津の海水浴場。河津駅から徒歩三分です。

水質は「AA」の最高ランクです。穴場的なビーチで人混みが苦手な人ものんびり海水浴を楽しむことができます。

河口付近では、遊泳区間外になりマリンスポーツも可能です。

 

オススメ海水浴場③~熱川海水浴場

 

この投稿をInstagramで見る

 

Japan travel(@jap6847)がシェアした投稿

 

熱川温泉(あたかわおんせん)のすぐ前にビーチが広がっています。

熱川YOU湯ビーチともいわれています。

伊豆七島が浮かんでいるロケーションは最高。

ビーチのすぐそばにシーサイドプールや露天風呂もあって充実しています。

 

スポンサードリンク

海水浴にオススメの最強の日焼け止めランキング

1位:資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

【SPF50+、PA++++】

【価格】1985円(税込)

 

資生堂の日焼け止めといえばこれ。

汗・水・熱でUVブロック膜が強くなる技術と、
こすっても落ちにくいアネッサ独自の粉末が特徴です。

 

スーパーウォータープルーフなのに石鹸で簡単に落とすことができます。

 

2位:カネボウ アリィー エクストラUV パーフェクトN

【SPF50+、PA++++。】

【価格】1936円(税込)

 

スーパーウォータープルーフで汗、
水に強く強力な紫外線から肌を守る
UVカットミルクです。
 
カネボウの新機能スーパーフリクションプルーフが
摩擦による落ちやすさを軽減してくれます。

 
美容液成分も配合。

香料、パラベンは含まれていません。

 

3位:NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

【SPF50+、PA++++】

【価格】

通常購入:2729円(税込) 

定期購入:2456円(税込)

*公式サイトからクーポン獲得でさらに値下げ。

 

海で絶対焼きたくない人のための、
日本製ウォータープルーフの
最強の日焼け止めです。

 
ベタつかず、のびが良いので白浮きしません。

 

ヒアルロン酸が肌を保湿し、
グリチルリチン酸2Kが
日に焼けた肌のダメージをケアします。

 
化粧下地にも使えるのに、石鹸で簡単にオフできます。

パラベン・香料・アルコール・着色料・鉱物油・界面活性剤が含まれていないので安心です。

東伊豆の海開きについてまとめ

河津七滝の観光スポットや、レトロな温泉もおすすめの東伊豆エリア。

キンメダイも有名ですね。

 

海の透明度が高く、伊豆大島を眺めることができるロケーションのすばらしさが魅力のビーチ。

海水浴に加えて温泉やドライブなど、スケジュールをしっかり立てて東伊豆を楽しみたいものです。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました