除毛クリームと脱毛器は併用しても大丈夫?片方だけ使うならどっちがオススメ?

家庭でのムダ毛処理に使うアイテムとしてメジャーなのが「除毛クリーム」「脱毛器」

 

これら2つを併用することで、ムダ毛の処理効果を高めより一層綺麗にすることができますが、デメリットはないのでしょうか?

 

また、除毛クリームか脱毛器、どちらか片方だけ使う場合はどちらを使えば良いのでしょうか?

・除毛クリームと脱毛器の併用のメリット・デメリット

・片方だけ使う場合のオススメの使い方・用途

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

除毛クリームと脱毛器は併用しても大丈夫?

除毛クリームは楽で簡単にムダ毛を処理することができ、

脱毛器はしっかりムダ毛にあてると毛が生えてくるのを遅らせることができます。

 

この両方を併用すると、どのようなメリットとデメリットがあるのかを説明します。

 

除毛クリームと脱毛器を併用するメリット

除毛クリームと脱毛器は併用することで、

ムダ毛を完璧に近く処理することができ、片方だけ使うよりもより一層理想の肌に近づけることができます。

 

はじめに除毛クリームを使用した場合、ムダ毛のメラニン色素はほとんどなくなってしまいます。

 

この除毛クリームを使用し、三日後程経ってから生え始る毛は細く、弱い毛が多いようです。

 

この毛に脱毛器をあてるとスルっと簡単に抜けてしまうので、より処理しやすく、綺麗な処理の仕上がりである相乗効果が得られるメリットがあります。

 

除毛クリームと脱毛器を併用するデメリット

除毛クリームと脱毛器を併用すると、ムダ毛を綺麗に処理することは出来ますが、

肌への負担が大きくなり肌トラブルを起こしやすいことが考えられます。

 

除毛クリームはアルカリ性の成分でムダ毛を溶かし取り除くという仕組みになっています。

 

ムダ毛ばかりでなく、肌にもダメージを与えてしまいやすい除毛クリーム。

 

除毛クリームの使用後に脱毛器でまたさらに負担をかけてしまうと、
肌が休まる時間がないだけでなく両方からのダメージで肌が大変傷んでしまう恐れのあるデメリットがあります。

 

除毛クリームと脱毛器、片方だけ使うならどっち?

まず結論から言ってしまうと、

・除毛クリーム

お金をなるべくかけず、とりあえず今あるムダ毛を手っ取り早くなくしたい(明日水着を着なければならない等)場合にオススメ

 

・脱毛器

多少高いお金をかけても、長期的にムダ毛を根本的に薄くしていきたい場合にオススメ

です。

それぞれについて詳しく掘り下げていきます。

 

脱毛器よりも除毛クリームの方がオススメな人

手っ取り早く今生えているムダ毛を処理したいという時は除毛クリームが便利です。

 

一般的な除毛クリームは塗って5〜10分程待てば、ムダ毛を溶かすアルカリ成分で毛が柔らかく溶けて、拭き取るだけでムダ毛を処理することができます。

 

脱毛器は事前に剃刀やシェーバーで前処理してからでないと始めることができないので、時間がない人には除毛クリームをオススメすることができます。

 

ちなみに除毛クリームだとムーモという商品が

・除毛効果の高さ
・肌ダメージの少なさ

という点でオススメです。

 

除毛クリームよりも脱毛器の方がオススメな人

脱毛器は除毛クリームのような表面だけの毛を処理するものではなく、毛の生えている部位に光を当てることで、毛根からムダ毛を処理するものです。

 

したがって除毛クリームで処理するよりも、脱毛器で処理する方が毛の生えてくるスピードが遅くなりムダ毛を処理する頻度を減らすことができます。

 

頻回にムダ毛の処理をしたくないという方に脱毛器はオススメです。

 

脱毛器は除毛クリームよりも「根本的なムダ毛の解決」という側面が強くなります。

 

ちなみに脱毛器を取り入れるなら「ちゃんと売れていて、評価の高いもの」を選ぶべきです。

 

ケノンという家庭用脱毛器は「Yahooショッピングで人気ランキング1位」を獲得している評価の非常に高い脱毛器なのでオススメです。

ケノン脱毛器の口コミと使うメリット・他の脱毛器との違い
家で手軽にできる脱毛として、口コミでも高い評価が多いケノン脱毛器。 「効果は本当にあるのか」 「他にも沢山の脱毛器があるがケノンとはどう違うのか」 とても気になると思います。 この記事では、好評で優良脱毛器と...

 

スポンサードリンク

除毛クリームと脱毛器の併用についてまとめ

除毛クリームと脱毛器にはムダ毛を処理する効果の他に、処理する手間や処理後の毛の生えてくるスピード、それぞれ違った効果の特徴を持っています。

 

併用するとムダ毛の処理効果はとても高くなりますが、その分肌への負担もかかってしまうというデメリットの部分をしっかり考えておくことが大切です。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました