ケノンの対象年齢は?【年齢制限あり】子供は何歳から使えるの?

小学生でもムダ毛を処理することは今珍しくはありません。

ケノンの脱毛器はカートリッジを変えれば家族皆で使用することができます。

 

子どもにケノンの脱毛器は使えるのか、また何歳から使用することが可能かを解説します。

 

ケノン脱毛器の対象年齢や年齢制限は?

ムダ毛は年齢関わらず、悩まれる人が多いです。

大人であれば、脱毛サロンを利用することや自分で処理をすることができますが、子どもの場合は自分でどうすれば良いか分からず判断できません。

脱毛は何歳から始めることが可能なのか説明します。

 

脱毛器そのものに年齢制限はある?

脱毛自体には年齢制限がありません。

サロンなどで小学生から通えるところも増えてきています。

 

しかし子どもの肌は大人の肌とは異なり、とても薄く、バリア機能の働きが未熟であることから乾燥しやすいなど、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

医療のサイトでも子供の脱毛に関して以下のように記載されています。

脱毛できる年齢には、具体的なルールが定められていません。6歳から脱毛できるクリニックやサロンもあります。しかし、脱毛を受けるのは、ホルモンバランスが安定する16歳ごろからがおすすめです。

出典: ai-med.jp

 

このように具体的に「何歳以下は脱毛しちゃダメ!」と明確に定められているわけではないですが、積極的に子供への脱毛をすすめることはできないようです。

そのため小さい子供が脱毛器を使用する際は、使い方やケアに十分気を付けた上で使用する必要があります。

 

子どもが脱毛器を使う場合は、大人が脱毛器を使って照射をする

そして使用後はしっかり肌のケアを促すなど、

管理してあげることで脱毛器の使用が可能となります。

 

ケノン脱毛器に年齢制限はある?

ケノンの公式サイトでは、「メーカーで設定している対象年齢は20歳以上から」とされています。

 

しかし子どもに使っているという親からの口コミも非常に多く、親の自己責任で使用しているようです。

 

ケノンは絶対に子どもへ使用してはいけないということではないですが、子どもの年齢によっては成長過程で皮膚が薄い場合もあるので、強い照射レベルで使用すると火傷をしてしまうリスクも否定できません。

 

したがって、この記事で対象年齢である20歳以下の人への使用を積極的に勧めることはできませんが、

それでも使用する場合には細心の注意を払い、大人である親がしっかり管理してあげることが大切です。

 

ちなみに脱毛ラボ ホームエディションという脱毛器なら、小学生から使うことができるので、

「記載されている対象年齢をちゃんと守りたい」という方は脱毛ラボの方がオススメです。

 

結局ケノンは何歳から使って大丈夫なの?

ケノンは20歳が使用対象です。

しかし現状では子どもでも自己責任で使用している人がたくさんいます。

 

何歳から使っても大丈夫とは一概には言えませんが、弱い照射レベルで大人が一緒に使用するのであれば、小学生からでも不可能ではありません。

ただしその場合は自己責任になります。

 

「自己責任で子供に使うのは怖い・・・!」というのであれば、小学生以降から使える脱毛ラボ ホームエディション等の脱毛器を使うのが無難です。

 

ケノン脱毛器の年齢制限・対象年齢についてまとめ

ケノンの脱毛器は20歳以上を対象に作られているため、子どもが自分だけで扱うことは困難です。

 

しかし使用をすること自体に年齢制限は設けていないため、大人と一緒であれば子どもでも自己責任でケノンを使うことが可能だといえます。

 

\\満足度98%以上//

対象年齢は20歳から

ケノン公式サイトで詳細をチェック

 

タイトルとURLをコピーしました