宮古島観光にレンタカーはあったほうがいい?車なくても大丈夫なパターンとダメなパターン

サンゴ礁が広がり亜熱帯海洋性気候の宮古島。

この記事では、そんな宮古島の

・宮古島観光のレンタカーについて

・レンタカーがなくても大丈夫な観光パターン

・レンタカーがないと厳しい観光パターン

・宮古島でレンタカーを借りられる場所一覧

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

宮古島観光にレンタカーはあったほうがいい?

宮古島のゆっくり流れる島時間。

青くきらめく海とまぶしい空のもとで、宮古島の歴史や自然にゆったり浸りたいものです。

 

宮古島での移動手段は、レンタカーを始め、路線バス、観光タクシー、レンタルバイクなどがあります。

レンタカーでドライブがおすすめではありますが、レンタカーなしでも十分に楽しむことはできます。

 

レンタカーなしで大丈夫な宮古島観光のパターン

宮古空港からホテルなどがたくさんある平良地区までは、路線バスで15分から20分くらいです。

市役所前まで運賃が230円くらいと、かなりリーズナブルです。(運賃は令和3年4月のものです。今後改正もあります。)

ただ、路線バスと飛行機の時間は連動されてはいないようです。

 

ちなみに宮古島観光バスは、宮古島、伊良部島、下地島、来間島、池間島の五つの島をめぐります。

絶景スポットの伊良部大橋、来間大橋、池間大橋を渡り、地元を愛するバスガイドさんが絶妙なトークで楽しませてくれます。

空港までお迎えにきてくれるホテルもあります。

 

プライベートビーチやプールでくつろいだり、シュノーケリングで素敵な魚たちに出会うことができます。

宮古島観光/レンタカーなしならここのホテルがオススメ!

 

レンタカーなしだと厳しい宮古島観光のパターン

島内を自由にグルグル回りたい場合には、レンタカーがないと難しくなるでしょう。

 

例えば朝陽や夕陽の絶景スポットとして有名な宮古島の東端の東平安名崎。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Juri(@ju_ur1)がシェアした投稿

 

平良から車で1時間弱ですが、朝陽か夕陽か、どちらかを選んで清々しい気分を味わいたいですね。

全長約2㎞の岬には、気持ちよい風がいつも吹いています。

江戸時代の大津波で打ち上げられた巨岩がころがっている様も絶景です。

鉄砲百合など、200種類以上の植物も見どころの一つです。

 

宮古島は、晴れていると思ったらスコールが降り始めることもあるので、屋根のあるレンタカーは便利です。

海でのんびり泳いだり、星空を満喫したりするには、バスの時間を気にしなくてもいいレンタカーがいいです。

 

タクシーよりも値段は圧倒的に安くなります。

 

宮古島でレンタカーを借りられる場所一覧

宮古島のレンタカーは、空港まで送迎無料が多いので、事前に予約をするのがおすすめです。

観光シーズンは、島内のレンタカーが不足し当日予約が難しい状況もあるようです。

 

また、日曜日にはガソリンスタンドが休みのところもあるようなので、あらかじめ情報を知っておくと、安心です。

・ニッポンレンタカー宮古空港前営業所(空港から送迎約2分)

・日産レンタカー宮古空港営業所(空港から送迎約2分)

・オリックスレンタカー宮古島空港店(空港から送迎約3分)

・スカイレンタカー宮古島店(空港から送迎約5分)

 

その他にも、タイムズカー、パインレンタカー、トラベルレンタカーなどがあります。

宮古島のレンタカー最安値を検索

 

スポンサードリンク

宮古島観光 レンタカーの必要性についてまとめ

台風などで飛行機が欠航した場合は、レンタカーのキャンセル料がかからないことがほとんどですが、確認をしておいた方がいいでしょう。

また、ホテルでのレンタカー送迎プランもあります。

 

ネットでレンタカー予約ができるのも便利ですね。

独特の文化をもち、自然豊かな宮古島の観光を楽しんでください。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました