完全栄養食って怪しいけどどうなの?メリットとデメリットを解説

完全栄養食 怪しい完全栄養食

完全栄養食は手軽に体に必要な栄養素を補うことができると、人気が高くなっており多くの人に注目されています。

この記事では

・完全栄養食がなぜ人気なのか

・完全栄養食のメリットとデメリット

・完全栄養食をオススメできる人とできない人

について解説していきます。

 

スポンサードリンク

完全栄養食とは?

完全栄養食とは人が健康を維持するために必要な栄養素を全て含んだ食品です。

多くの完全栄養食は、厚生労働省が策定した「日本人の食事接種基準」が定める必須栄養素を、過不足なく簡単に補い、摂取することができます。

現在の完全栄養食はいつもの食事の代わりとなる「食事タイプ」と、間食のように手軽に摂取できる「固形タイプ」、
さらに飲むだけで摂取できる「ドリンクタイプ」の種類があります。

 

完全栄養食はなぜ人気?

完全栄養食は健康に必要な栄養素を手軽に補うことができ、一日一食分の栄養をバランスよく摂取できるため、
食生活に不安な人でも健康的に過ごすことができるのが魅力といえます。

一般の人が栄養素を食事で完全に補おうと毎日努めるのはとても大変なので、完全栄養食は多くの人から支持されています。

食事を摂っていても栄養素が足りているか不安な人には大変便利です。

また毎日が忙しくゆっくり食事を摂る時間が持てない人や、ダイエット中でカロリーや栄養素を気にしている人にもとても人気です。

 

完全栄養食が怪しいと言われる理由

完全栄養食は本当に必要な栄養素が全て含まれているのか怪しいといった口コミもあります。

色んな摂取タイプの完全栄養食がありますが、特に飲むタイプだとしっかり栄養素が摂れているのか不安になる人もいるようです。

また商品の原材料を見るとこれだけで本当に栄養素がまかなえているのか疑問を持ってしまうという方や、
栄養素の中の脂質が魚由来や大豆由来だと別物であるなど、完全栄養食の栄養素を信用できない方も少なくないようです。

 

完全栄養食のメリットとデメリット

メリット①圧倒的に食事時間を節約できる

食事の栄養素を考えて食品を調達することや調理する時間がない、また食事を摂る時間を短縮したい場合、
完全栄養食はこれらの時間を節約できるのでとても便利です。

特に飲むタイプの完全栄養食はサッと摂れるのでオススメです。

昼食を食べる時間がない場合の解決方法でも、手軽に食事を摂る手段として完全栄養食をオススメしています。

 

メリット②非常食としても使える

完全栄養食でも賞味期限や消費期限が長いものは非常食として備蓄しておくことも出来ます。

災害時は食事が中々摂れず、体調を崩しやすい環境であるため、栄養素が整った完全栄養食は健康を損なわないためにもとても良いです。

 

メリット③アレンジすることで楽しく続けられる

完全栄養食にはパスタなどの麺類があるため、お好みのソースをかけてアレンジして食べることで飽きないように工夫することができます。

また飲むタイプの粉末はミキサーに果物や野菜、ヨーグルトなどを入れて味を変えることができるので楽しく続けることができます。

 

メリット④暴飲暴食を抑えられる

完全栄養食には色んな種類の食品があり、一食分だけでも満足感がしっかりあるように工夫された商品があります。

ダイエット中で完全栄養食を摂るということだけで暴飲暴食を避けることが出来たという方は多くいます。

 

デメリット①美味しくないものが多い

栄養素を重視し過ぎて、味が良くないものや触感が微妙な完全栄養食があります。

美味しくないといった口コミから、現在では多くの商品が改良されたようで、味が美味しいと評判である完全栄養食は沢山あります。

 

デメリット②完全栄養食のみで完璧に栄養を網羅できるわけではない

大体の完全栄養食は三食の中で一食分を置きかえることが望ましいとされています。

完全栄養食だけで完璧に栄養を網羅することはできませんが、毎日の食生活の中で足りない栄養素を補うことで健康を維持することは可能です。

 

デメリット③商品によってはそれなりのコストがかかる

完全栄養食の中でも高品質で味が良い商品だと、普通の完全栄養食より値段が高いです。

毎日の食生活に完全栄養食を取り入れ維持しようとすると、コストが高くつくことがあります。

しかし十分な栄養素を摂ることができて、時間も節約できます。

 

完全栄養食をオススメできる人

① 忙しく食事を抜きがちな人

仕事が忙しくゆっくり食事を摂ることが出来ない人、または食事を抜いてしまう人に手軽に摂ることができて、栄養素も豊富な完全栄養食はオススメです。

幾ら忙しい状況でも食事を疎かにし体調不良になっては台無しなので、完全栄養食で健康を気遣いましょう。

 

② ダイエットのお供にしたい人

ダイエット中の食事はダイエット向きの栄養素がある食事を考えたり、食べたくなる誘惑が多いなど大変です。

完全栄養食はあらかじめ摂る食品が決まっているため、必要な栄養素を補いつつ暴飲暴食予防にもなるのでオススメです。

 

完全栄養食のオススメできない取り入れ方

①全食事を完全栄養食に置き換える

完全栄養食は基本的に三食の中の一食分を置き換えることが望ましいとされています。

三食を完全栄養食に全て置き換えてしまうと食事自体を楽しむことが出来なくなくなり、継続することが難しくなるといえます。

 

②同じものしか食べない

長期間同じ完全栄養食しか食べないのはオススメできません。

なぜなら完全栄養食は完璧に栄養を網羅できているわけではないからです。

本来体は色んな栄養を求めているため、同じものを食べ続けるのは避けた方が良いです。

 

③完全栄養食を食べるだけで痩せようとする

完全栄養食だけを取り続けてしまうと、商品によっては食物繊維不足で便秘を引き起こしてしまう可能性があります。

便秘は痩せにくい原因の一つになるので、完全栄養食だけではなく食材で食物繊維や乳酸菌を摂るようにしましょう。

 

スポンサードリンク

【まとめ】完全栄養食は正しく取り入れることで良いお供になってくれる

完全栄養食は忙しい人やダイエット中の人にとって、手軽に摂ることができ栄養も補うことが出来るので大変便利です。

完全栄養食は三食のうち一食分に置き換えることが体にも良いとされているので、正しく取り入れるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました