オルビスユードットシリーズの年齢層と年代別の取り入れ方

オルビスユードットを買いたい!けど自分の年齢層に合うのかどうか分からない・・・

そんなあなたへ、今回はオルビスユードットシリーズの年齢層と年代別の取り入れ方について紹介します。

是非自分の年齢と合わせて使用してみてくださいね。

\\気軽に試せる体験セットはこちら//

 

オルビスユードットシリーズの特徴

オルビスユードットシリーズはオルビスユーシリーズから誕生した、最高峰エイジングケアシリーズです。

肌に明るさ・やわらかさ・ハリ感がやどり、いきいきとした肌印象へと導いてくれます。

肌内部のエネルギーの巡りに着目した複合成分「GLルートブースター」は、数多くのエキスの中から厳しい配合基準、試験をクリアし選定されました。

美白有効成分「トラネキサム酸」を化粧水とモイスチャーに配合しており、メラニンの生成をブロックし、年齢肌の気になる悩みであるシミを予防してくれます。

ときほぐす・行き渡らせる・とじこめるの3つのステップごとにこだわりぬいたテクスチャーで、肌のすみずみまで成分を届け、年齢悩みにアプローチします。

 

オルビスユードットシリーズの対象年齢層

オルビスユードットの対象年齢層は、20代〜60代までの幅広い年齢層となっています。

口コミを見たところ、30代〜50代の方が多く見られ、オルビスユーよりかは年齢層が若干上ではあります。

「ユーシーリーズよりしっとり感がある」や「シミ予防効果があるのが嬉しい!」などの意見がたくさんあることから、乾燥・シミなどエイジングに対する悩みにより特化していると考えられます。

年齢を重ねるごとに乾燥やシミに対しての悩みが増えると思うので、悩んでいる方は1度試してみてはいかがでしょうか。

\\気軽に試せる体験セットはこちら//

 

オルビスユードットシリーズの年代別の取り入れ方

10代で使う場合の取り入れ方

10代は皮脂が多いので、水分量が多いものを使うとニキビができやすくなってしまうので、乾燥しやすい冬にオルビスユードットシリーズを使用することをおすすめします。

たっぷり保湿してくれるので、乾燥からくるニキビは無くなります。

 

20代で使う場合の取り入れ方

20代になると、学生の時より肌を白くしたいと努力する方が増えますよね。

そんな方は、オルビスユードットの化粧水とクリームで美白ケアをするのがオススメです。

セットで使用することで、より実感しやすくなるはずです。

 

30代で使う場合の取り入れ方

30代は、シミの悩みが現れやすくなります。

オルビスユードットにはシミ予防のトラネキサム酸が配合されているので、シミの予防ケアをすることができます。

たっぷりの保湿で、乾燥対策も行えます。

 

40代で使う場合の取り入れ方

まだまだ美白にもなりたいし、シミも予防したいという40代の方は、化粧水をたっぷり使用することがおすすめです。

その後に、高保湿なクリームで保湿することでうるおいのある肌を保てます。

 

50代で使う場合の取り入れ方

50代の方は、だんだんと肌の水分量が減ってくるので、オルビスユードットシリーズを朝・夜にセットで使用しましょう。

もっちりとした肌が作れるので、化粧ノリも良くなるはずです!

 

60代で使う場合の取り入れ方

60代であればオルビスユードットシリーズでトータルのケアをすることができます。

洗顔料・化粧水・クリームのセット使いで、若い頃のような透明感のある肌を目指してみてください。

 

オルビスユードットシリーズの年齢層についてまとめ

今回オルビスユードットシリーズの年齢層と年代別の取り入れ方について紹介しましたが、いかがでしたか。

オルビスの中でもとりわけエイジングに特化したシリーズでもあるので、エイジング対策を今から行いたい場合はぜひ試してみてください。

まずは少量から試してみたい場合は、お試しセットがオススメです。

\\気軽に試せる体験セットはこちら//

 

タイトルとURLをコピーしました