宮古島の梅雨入り・梅雨明け 2021年はいつ?雨の日でも楽しめるスポットはここ!

太平洋と東シナ海の間にある宮古島。

美しいビーチはもちろんのこと、琉球文化や独特の神の信仰から体験スポットや見どころもたくさんある観光地です。

 

この記事では、そんな宮古島の

・例年や2021年の梅雨入り、梅雨明けの時期

・雨の日のオススメスポット

について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

宮古島の例年の梅雨入り・梅雨明けはいつ?

1年を通じて温暖な宮古島。

亜熱帯海洋性気候に属していて、年間の湿度の平均は80パーセントにも上ります。

 

梅雨明け、梅雨入りは、気象庁では、宮古島独自での発表はなく、沖縄の梅雨の発表になります。

 

例年の沖縄の平均値は、梅雨入りが5月9日、梅雨明けが6月23日になります。
宮古島は、沖縄本島より南側の位置になります。

 

本島から宮古島まで、直線距離で約300キロメートル。

大体、東京と名古屋くらいの距離です。

梅雨入りも梅雨明けも、若干、本島より早くなることが予想されます。

 

宮古島の2021年の梅雨入り・梅雨明け予想は?

例年の状況や過去のデータから予想すると、2021年の沖縄の梅雨入りは5月9日から5月18日くらいになりそうです。

また、梅雨明けは6月18日から6月27日くらいと予想されます。

 

宮古島は、沖縄より梅雨入りや梅雨明けが早いので、ゴールデンウィークごろから連休明けには梅雨入りしそうですね。

4月下旬に梅雨に入ることも十分予想されます。

 

しかし、梅雨といっても本州のようにずっと雨が降り続くイメージではありません。

晴れていると思ったら土砂降りになったり、大雨がざっと降ったらからっと晴れたりすることも多々あります。

宮古島は、梅雨の時期が一番暑いといわれています。

【参考】沖縄離島に行くなら日焼け止めをちゃんと選ぼう!

 

宮古島は梅雨の時期でも楽しめる?雨の日のオススメスポットは?

梅雨の日も宮古島の海の美しさは素晴らしく、雨が風情を醸し出して素敵です。

ドライブはもちろん、グルメやショッピングも充実しています。

 

濡れるのを前提の鍾乳洞探検や室内のミュージアムで、宮古島の思い出を紡ぎたいですね。

 

雨の日のオススメスポット①パンプキンホール

 

海からしか行けない鍾乳洞。

かぼちゃの形をした大きな鍾乳石が迎えてくれます。

わくわくしながら進むと、棚田のようになっていて冒険気分が高まります。

純度の高い湧水を見ると神聖な気持ちにもなり、パワースポットとしても人気です。

 

雨の日のオススメスポット②ユートピアファーム

 

この投稿をInstagramで見る

 

mks(@mks160615)がシェアした投稿

 

南国のカラフルなフルーツや美しい花を楽しむことができるスポットです。

室内なので、雨が降っても関係なく過ごすことができます。

鮮やかに咲き誇るブーゲンビリアの花はインスタ映えします。

美味しいフルーツのソフトクリームやスムージーを味わうパーラーもあります。

 

雨の日のオススメスポット③雪塩ミュージアム

 

この投稿をInstagramで見る

 

hobby__acco**(@hobby__acco)がシェアした投稿


「雪塩」は、宮古島の名産品です。

雪のように真っ白でさらさらの塩は、ミネラルがたっぷりです。

ガイドさんが、雪塩の制作過程を案内してくれるミュージアム。

なんと、ガイドさんは無料です。

限定商品を販売しているショップも楽しみです。

【関連】宮古島観光は車なしだと厳しい?

 

スポンサードリンク

【2021年】宮古島の梅雨時期についてまとめ

せっかく宮古島に来たのに、天気が良くないからホテルにこもるというのはもったいないです。

雨の日も、宮古島を楽しむスポットはたくさんあるので、あらかじめリサーチをして予約をしておいたり、準備をしたりして、最高の宮古島旅行にしていきましょう。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました