エリクシール リンクルクリームには副作用あり?肌荒れした場合の対処法は?

エリクシール リンクルクリームはしわ改善効果があると、とても人気です。

しかしこのリンクルクリームに含まれるしわ改善効果のある成分には副作用が出るリスクがあります。

副作用やその対処法について解説します。

 

\\トライアルあり//

資生堂オンラインショップでチェック>>

 

エリクシールのリンクルクリームに限らずレチノールには副作用のリスクがある

エリクシールのリンクルクリームは「ピリピリとした刺激がある」との声が多く見られます。

これはエリクシールのリンクルクリームに配合されている純粋レチノールによる副作用が原因だといえます。

 

エリクシールだけではなく、レチノールが配合されている化粧品は副作用がでるリスクがあります。

レチノールの副反応はレチノイド反応、またはA反応と呼ばれていますが、この副作用が出てしまう原因として、肌には元々ビタミンAが存在していることが挙げられます。

 

このビタミンAが不足している状態の肌にレチノールを使用してしまうと、ビタミンAが突然肌に補給される状態になり、肌のターンオーバーが急に促進されることが原因です。

 

ターンオーバーが早くなってしまうと皮膚の角質層が十分に作られないまま肌の表面に押し上げられてしまい、
バリア機能が低下することで副作用である乾燥や赤み、痒みなどの肌荒れが起こってしまいます。

このビタミンA不足による副反応は、肌がビタミンAに慣れると治まることが多いです。

 

\\トライアルあり//

資生堂オンラインショップでチェック>>

 

 

エリクシールのリンクルクリームで副作用が出た場合の対処法

副作用が出てしまった場合一時エリクシールのリンクルクリームの使用を中断して、濃度の低いビタミンAを配合している他のコスメやスキンケアを使用し肌に少しずつ補っていくことをオススメします。

 

数日経って副反応が治まるようでしたら、またリンクルクリームの使用を再開すると副反応が出づらくなるといえます。

また、リンクルクリームの使用頻度を減らすことや、使用する量を減らすことも良いといえます。

 

エリクシール リンクルクリームで副作用のリスクを減らすための正しい使い方

スキンケアである美容液やクリームはたっぷり塗った方が肌に効くのでは、と思ってしまいがちですがそれは間違いです。

エリクシールのリンクルクリームに配合されているレチノールは副反応が出るリスクがあるため、用量を守って使用することが大切だといえます。

 

また乾燥や少しの赤み、痒みなどの副反応に気付いたら、無理をせずに使用を一時中断するか用量を減らして使用することが肌荒れを悪化させないために重要であることがいえます。

 

\\トライアルあり//

資生堂オンラインショップでチェック>>

 

 

【関連】2種類あるエリクシール リンクルクリームの違い

 

エリクシールのリンクルクリームはナイアシンアミドと一緒に使うことで副作用を軽減できる?

エリクシールのリンクルクリームに含まれるレチノールによる副作用は、ナイアシンアミドと一緒に使うことで軽減することができると言われています。

 

ナイアシンアミドはレチノールの副作用による刺激を軽減する効果を持っているためです。

ナイアシンアミドとレチノールの同時使用に関してはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました