新聞記者 6話(最終話)のネタバレあらすじ解説と感想/学園問題の裁判

新聞記者 6話 ネタバレ あらすじ 感想新聞記者

<<前話の内容はこちら

文書改ざんの経緯を残したUSBを真弓から受け取り、松田は官邸関与の記事を書くことができました。

一方、亮は松田に憧れ、東都新聞の就職面接を受け、内定をもらいます。

この記事では、ドラマ「新聞記者」6話のネタバレあらすじ解説と、感想をまとめていきます。

 

スポンサードリンク

新聞記者 6話(最終話)のネタバレあらすじ解説

松田は、兄の康平の病室で村上に会いました。

学園問題に関与していた村上に、松田は証言してほしいと頼みます。

しかし、その時ちょうど、多田から村上に電話がありました。

村上は、監視されていることに怯え、病室から立ち去ってしまいます。

一方、真弓は国を訴える準備を始めていました。

松田から紹介してもらった弁護士から、テレビ取材の話をもらいます。

真弓がマスコミにさらされることで、傷つくのではないかと、松田は心配しました。

しかし、真弓は夫の無念を晴らしたいと、積極的に行動しようとします。

ところが、マスコミにも圧力がかかり、真弓のテレビ出演はかないませんでした。

その頃、コロナ禍の影響で、経営が思わしくない状況の会社が増えてきていました。

倒産の危機もあり、新規採用者の内定を取り消す会社も出始めました。

ベンチャー企業に就職が決まっていた繭も、内定を取り消されてしまいます。

村上は、豊田に呼び出されました。

助成金詐欺について村上が質問すると、「これから開発する技術に詐欺はない。結果実現すればいい。栄新みたいに上の言ったことが結果そうなればいい。」と、豊田は言います。

村上は、我慢の限界に達し、豊田に嘘を隠して生きることの辛さを叫びました。

村上の大きな声で、多田が現れ、制止します。

しかし、「誰のしりぬぐいをしているんだ。」という豊田の声を、村上はスマホに録音していました。

亮は、繭の内定取り消しのことを記事にしたいと考え、松田にサポートを頼みました。

また、松田は、亮と村上を引き合わせることにします。

亮は、改めて村上に、学園問題の証言を頼みました。

けれど、村上は家族のことも考え、返事ができません。

その夜、村上は、妻に励まされ、辞職の決意を固めます。

村上は、スマホに録音した豊田の声のデータを松田に送ります。

次の日の朝刊に、豊田の助成金詐欺の記事が掲載されました。

病院では、康平の意識が戻りました。

学園問題の裁判の日、真弓、亮、松田のもとに村上が現れ、「ここからです。」と、颯爽と中に入っていくのでした。

続編の内容はこちら>>

 

新聞記者 6話(最終話)の感想

コロナ禍によって内定を取り消された繭が、気の毒でたまりませんでした。

これからの未来を担っていく若者たちをどうやってサポートしていくかは、真剣に考えるべき課題で、見過ごしにはできません。

亮が、繭にインタビューして記事に書こうとしているところや、繭も真剣に向き合って答えているところから、誠実な二人の人柄がしのばれました。

せっかく、亮と繭の距離が近づき、友達以上恋人未満のようになっていて楽しみだったから、残念です。

高速バスで郷里に帰った繭と、亮の遠距離恋愛の行方も気になるし、今後、コロナ禍の緊急事態宣言も出てくるとしたら、この二人はどうなるのかと心配しました。

何らかの形で、二人がいい方向に進んでくれたらいいなと祈るような気持ちです。

松田が追っていた豊田の詐欺疑惑は、村上のスマホ録音のおかげで朝刊一面を飾ることができました。

学園問題の方も展望が見えました。

証言のおかげで裁判ができることや康平の意識が戻るなど、ハッピーエンドに近い形で結末を迎えたと思います。

もちろん、裁判の道のりは苦しい過程があると予想できますが、官僚を辞めた村上もすっきりして、信頼できる松田たちと共に新しい道を歩むはずです。

村上をさり気なく励ます妻の言葉にも感動しました。

村上は、良い家族をもっているので、エリートではなくなったとしても幸せに暮らすんだろうなと思いました。

藤井監督が描きたかったのは、誠実に暮らす善良な人々が、愛する人と共に幸せに暮らす社会だったのかなとも考えました。

綾野剛と創り上げた「アバランチ」を重ねると、藤井監督の求めているテーマが浮かび上がってくるような気がしました。

続編の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

新聞記者 6話(最終話)についてまとめ

監視されていることに怯え、官僚を辞めることでの家族への影響を心配していた村上でしたが、妻から励まされ覚悟を決めます。

村上は、豊田の発言をスマホに録音し、松田に送りました。

松田は、豊田詐欺事件について記事を書きます。

村上は証言台に立つことを決意し、学園問題の裁判に松田、真弓、亮と共に臨むのでした。

続編の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました