「マスクによる目元の肌荒れはどうしたらいい?【目の下・目の周り】

長時間のマスク着用で、目元の肌荒れやシワが増えてしまったと考え悩んでいませんか?

マスクをしていて最初に注目されるのは目元だと思います。

第一印象が目元で決まってしまうかもしれません。正しいケアと改善方法で肌荒れやシワを予防する方法を解説していきます。

 

スポンサードリンク

マスクによる目元の肌荒れの原因と種類

目の下の肌荒れに多いパターン

顔の中でも皮膚が薄い目の下は、頬の1/3程度の皮膚の薄さであり、非常にデリケートでシワができやすい場所です。

最近のマスクは隙間が出来ないようにしっかり肌に密着させるよう作られていることが多く、マスクのワイヤーや布が短めで強度があります。

 

そのため目の下の皮膚を押さえつけている状態になり、皮膚を無理に押し上げ、その結果目の下のシワが悪化し、目立つようになってしまいます。

 

目の周りの肌荒れに多いパターン

目の周りの皮膚は角層が薄く乾燥へのバリア機能が低いです。

マスクを着脱したり、マスクがずれたりしてしまったときに肌に生じる摩擦は、マスクが当たっている目の周りの皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

 

目の周りの肌荒れに多いパターンとして、皮膚のバリア機能がマスクによる摩擦の刺激でさらに低下してしまい、

普通は刺激にならない物質が内部に侵入し、炎症が生じ湿疹ができやすくなることが多いようです。

 

マスクによる目元の肌荒れはどうしたらいい?

改善方法①目元には部分用アイテムを

薄い皮膚の目の下や目の周りには部分用のスキンケアアイテムを導入すると良いです。

セラミドやスクワランなどの保湿成分が入ったアイクリームや保湿バームを塗ると乾燥によるバリア機能の低下を防ぐことができます。

 

また乾燥はシワの大きな原因の一つであるため、保湿をしっかりすることでシワの予防にもなります。

保湿できている状態を保つためにも、日中は保湿美容液のスティックタイプなどを携帯し、こまめに塗り直し目元を乾燥から守ってあげることが大切です。

ちなみにシワを根本的に改善するには”レチノール配合の美容液”を使うと良いです。

レチノール配合のオススメクリーム・美容液はこちら

 

改善方法②化粧を落とす時は摩擦を極力与えない

マスクによってバリア機能が低下した目元の皮膚の状態を立て直すために、丁寧で低刺激なケアが大切です。

バリア機能が低下した状態の肌に、化粧をクレンジングで強くこするような落とし方をしてしまうと更に悪化してしまいます。

 

なるべく肌に摩擦を与えないためにも、クレンジングはとろみやクッション性があるテクスチャーを選び、肌に負担をかけないよう、汚れを浮き上がらせて化粧を落とすことが良いです。

特に目元のアイメークは綺麗に化粧を落として清潔を保つことが、バリア機能を回復させることで重要です。

 

改善方法③肌とマスクの摩擦の軽減

マスクによる摩擦は軽減させることが出来ます。

日頃マスクがきつい、目の下にマスクのワイヤーがあたる感覚がある人は、マスクの内側の目の下や鼻にあたる部分にスポンジを張る商品があります。

 

肌触りもよく、装着して動いたりしゃべったりしても、マスクの鼻にあたる部分がずれにくくなるため摩擦は軽減されます。

マジックテープで脱着できるので、繰り返し使うことが出来ます。

これによりマスクの摩擦が減ったとの口コミが多いので、使用している方も多く人気があるそうです。

 

スポンサードリンク

まとめ

マスクを着用すると、どうしても目元に注目されがちになります。

目元のケアは保湿と摩擦の軽減を心掛けることで十分に改善することが出来ます。

目元の肌荒れやシワを改善し、目元の印象を良く保てるよう、毎日のケアや対策はとても大切です。

【関連】マスクによる鼻の頭・鼻周りの肌荒れはどうしたらいい?

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました